lifehacker

マインドフルネスを科学して日本人の働き方を変える。ウェアラブルデバイスで集中力を確認できる時代がやってきた。

長時間の残業が問題となるなど、今、日本人の働き方が改めて問われています。とはいえ課されたタスクは減らず、仕事が終わらなければ帰れない。それならば時間内にいかに集中して生産性を上げるか? ということが重要になってきます。そのための有力なツールとしてあらためて注目を浴びているのが、マインドフルネスです。今回は、ビジネスパーソンがマインドフルネスを実践する必要性はあるのかについて、「cocokuri」を運営するインナーコーリング執行役員の水野由貴さんと、「JINS MEME」の開発担当者である井上一鷹さんにお話を伺いました。

Sponsored

MORE

マインドフルネスで働き方改革を。マスターコーチに聞く初心者向け瞑想メソッド

体と同様、心を鍛えることは生きていくうえで不可欠なスキル。その心の問題にフォーカスし、世界中で脚光を浴びているのがマインドフルネスです。いま目の前にあることに集中し、自分自身を客観的に観察するトレーニング法であるマインドフルネスは、情報過多の中、マルチタスクが多く、注意力が散漫になりがちな現代のビジネスパーソンパーソンの集中力を高めるなど、働き方を変革する手法としても注目されています。

Sponsored

MORE

Related article from lifehacker