Apple Watchを使って、iPhoneのロックを自動的に解除できることは周知の事実です(とくにマスク着用時に便利)。

マスク着用時にiPhoneのロックをApple Watchで解除する方法

マスク着用時にiPhoneのロックをApple Watchで解除する方法

しかし、この機能がMacにも何年も前から搭載されていることは、あまり知られていませんね。

ロックが解除されたApple Watchを装着していれば、ボタン1つ触れることなく、Macのユーザーアカウントにサインインすることができます。

MacBookのふたを開ける(またはMacを起動する)だけで、ユーザーアカウントのロックが自動的に解除されますよ。

この機能を使えるMacやApple Watchは?

もちろん、「Apple Watchでロック解除」機能は、すべてのMacで使えるわけではありません。また、対応しているMacでも、いくつかのシステム要件を満たしていなければ使えないのです。

システム要件

必要な設定:

  • Macで Wi-FiとBluetoothが有効になっている。
  • Apple ID で2ファクタ認証が有効になっている。
  • Apple Watchでパスコードを使っている。

また、mid-2013以降にリリースされた、macOS Sierra以上を搭載したMacを使う必要があります。

対応しているかを確かめるには、Appleメニュー>このMacについて>システムレポート>ネットワーク>Wi-Fiと進み、[自動ロック解除:対応]という項目を探してください。

MacでApple Watchのロック解除機能を有効にする方法

この機能は、Macのユーザーアカウントごとに有効にすることができます。

上部メニューバーのAppleアイコンをクリックし、[システム環境設定]を選択。

ここで、[セキュリティとプライバシー]セクションに進みます。[一般]タブから、[Apple Watchを使ってアプリケーションおよびこのMacのロックを解除]オプションをチェック。

20211205-applew02

Macがシステムパスワードの入力を求めてきます。パスワードを入力して[ロックを解除]ボタンをクリックすると、この機能が有効に。

次回から、Macのロックやロック解除を行う際に、通常のパスワード欄の代わりに「Apple Watchでロック解除中」というテキストが表示されます。

20211205-applew03

この機能が有効になると、Apple Watchを使ってリクエストを承認したり、アプリにログインすることができるようになります。

ログインを求めれると、Apple Watchにリクエストが表示。Apple Watchのサイドボタンをダブルクリックするだけで、パスワードを入力することなくリクエストを承認できます。