このソフトはGmailのアカウントをバーチャルIPアドレスのように使い、ファイル共有できるツール。オンラインファイル共有サービスのように共有したいファイルをサイトにいちいちアップロードする手間が省けるので便利です。

g2Peer』ではGmailアカウントとパスワードを入力してログインすることになります。共有先がこのソフトをインストールしていれば、共有先のGmailアカウントと共有したいフォルダ・ファイルの保存先を指定することでファイル共有ができますよ。

では、共有先がこのソフトをインストールしていないとせっかくのファイル共有サービスが使えないのでしょうか?

 いえいえ、そんなときのためにコマンドライン機能が備えられています。共有先のGmailアドレスに宛てて、件名にコマンドメッセージである「?_list」や「?_download」を入力し、メール送信すればOK。「?_list」を使えば共有されている全てのファイルのリストをメールメッセージで表示することができ、「?_download」ではメールから共有ファイルをダウンロードさせることができますよ。

g2Peer』は無料ツールで、Windowsのみの対応。また、ログインにはGmailアカウントが必要です。

もちろん仲間とのファイル共有にも使えますが、複数のPCを使っている人にとっても、PC間のファイル共有がスムーズになって便利かも。ご関心のある方はこちらのページからダウンロードをどうぞ。

g2Peer [via Life Rocks 2.0]

Erin Schwendemann(原文/松岡由希子)