提供されている一部の機能はデスクトップ表示の方で、「Aero Peek」アプリによってインストールされたトレイアイコンから使用できます。んー、ウィンドウズプレビューも使いたい、と思ってしまうのが人情ですが、おそらくもうじきこっちの機能も使えるようになる、はず。このアプリの制作者が作るかどうかは分かりませんが、誰かがきっと作ってくれるはず。

頻繁にデスクトップからファイルを選択したりする方にはこのデスクトップ表示機能、かなり重宝されるはず。デスクトップ表示の定番ショートカットと言えば、Windowsキー+Dですが、「Aero Peek」を使ってウィンドウをもとの状態に戻すと、その直前までアクティブだったウィンドウが最前に表示され、その他の開いているウィンドウを影付きのアウトラインで表示します。

使った人全員が喜ぶアプリだとは思いません(特にキーボードショートカットに慣れている人たちには不向きかもです)が、Windows7の機能が垣間見れる 面白さは確実にありますよー。

「Aero Peek」はウィンドウズ専用のフリーダウンロード。

 

AeroPeek [via gHacks]

Kevin Purdy(原文/まいるす・ゑびす)

 

【関連記事】

Windows 7の新機能:「Aero Peek」機能をじっくり検証してみる(動画あり)

Windows 7の新機能:デスクトップは「Aero Shake」で振って片付る

Windows 7の新機能:どんなWindowもスクリーンサイズの半分にスナップ!(動画)

Windows 7のウィンドウ振り分け機能をVistaやXPに搭載(無料)

Windows 7 で 改良された機能 ベスト10