自転車に乗ってお尻や脚の付け根が痛くなるのは、よくあることです。

室内用フィットネスバイクの「Peloton」や「Airdyne」、あるいは自作のバイクトレーニングマシン(英文記事)でも、それは同じです。

初日にちょっとした違和感を抱くのは普通ですが、それが長く続いたりひどくなったりするなら、自転車そのものや乗り方を少し見直す必要があるでしょう。今回は、実際に試すことができるいくつかの方法をご紹介しましょう。

1. サドルを調節する

自転車を正しく整備することは、快適な乗り心地の実現に欠かせません。自宅に自転車があるなら、取扱説明書を読み返して、調節できるすべての部分の調節方法を確認しましょう

サドルを上下に動かせるのはご存知だと思いますが、多くの場合は前後に傾けることも可能で、ハンドルまたは後輪の方向にスライドできる場合もあります。

(対面式のスピンクラスに通っているなら、少し早めにレッスンに行って、すべて正しく整備できているかどうかをインストラクターに確認(英文記事)すると良いでしょう)

サドルの角度で、大きな違いが生まれます。

水平にしておいても良いのですが、私はほんの少しだけ先端を下に向けるのが好みです。あなたも角度を調節してみれば、圧迫感がいくらか軽減されるかもしれません。

乗る自転車と体の骨格によっては、後ろ側に傾けるほうが合う人もいるでしょう。自分にとってもっとも快適な乗り心地が見つかるまで、さまざまな角度を試してみると良いでしょう。

2. ほかのすべてを調節する

サドルだけで終わりにしないでください。

ハンドル、ペダル、そしてサドルに体重が均等に掛かるようにするのが理想的なので、たとえばハンドルバーの位置など、自転車のほかのパーツも調節すれば、あなたのサドル――つまり、お尻に掛かる負担が軽減されることも覚えておきましょう。

3. たまには立ち漕ぎをする

サイクリングのクラスでは、たいていは運動強度の高いセクションになると、ペダルの上に立って漕ぐように指示されます。体力的にそれは無理というのなら、それはそれで構いません。

ですが、ほんの数秒間だけでも良いので、自転車に乗る時は、毎回少なくとも何度かはお尻を浮かせるようにしましょう

4. 適切な服を着る

ショートパンツや下着の縫い目が心地の悪い位置にあり、手遅れになるまでそれに気づかないこともあるかもしれません。

縫い目のない服を着てみたり、下着をつけずにズボンを穿いてみたりしてみてください。体にぴったり合う、太ももの真ん中あたりまであるショートパンツがサイクルパンツと呼ばれているのには理由があります。

そうしたショートパンツは、サイクリングで穿くには理想的なスタイルなのです

サイクリストのなかには、パッド入りショートパンツを穿く人も多いようです。何時間も続けてサドルに座る人には良い選択といえます。

ただし、パッド入りショートパンツは、あくまでも自転車の調整やそのほかの方法につけ加えて使うもので、それだけで代用できるわけではないことをお忘れなく。

5. サドルを買い替える

この点については、答えは明白――厚みがあり、クッション性の高いサドルのほうが良いですよね?

実は、そうとは限らないのです。

サイクリストなら、自転車の空気抵抗を減らしてスピードを出したい場合には、細くて硬めのサドルのほうが良いことを知っています。柔らかめのサドルは、比較的ゆっくりと漕ぎ、まっすぐな姿勢で座る場合に適しています。

パッドを追加するのも、逆効果に。

硬いサドルだと、座骨(骨盤の座骨結節)だけが圧迫されます。ところが、柔らかいサドルだと、股間の軟組織全体が圧迫されるのです。

ですから、サドルカバーをいくら厚くしても効果がないような気がする場合は、硬めのサドルに代えて、きちんと調整したあとに、乗り心地を試してみてください。実はそちらのほうが快適かもしれません。

サドルの横幅も同じように重要です。最高のフィット感を得たいなら、左右の座骨の間隔を測り、それに合ったサドルを選びましょう。細すぎるサドルは、軟組織が圧迫されます。広すぎるサドルは、太ももが擦れる可能性があります。

適切なサドルを選ぶことには、もうひとつ利点があります。サドルのなかには中央部に穴が開いているものもあり、これは座骨の間にかかる圧力を和らげる効果があります。


Source :Bicycling Life,BIKEFIT