OSごとに分類していたカテゴリを、会社ごと(AppleGoogleMicrosoft)に再構成。ソフトウェアもほとんどがフリーソフトのため、「フリーソフト」を親カテゴリに設定し、用途ごとに細分化してあります。

また、ご要望にお応えして「デスクトップツール」のカテゴリに「究極のデスクトップシリーズ」をはじめとするデスクトップイジリストのエントリーをまとめました。デスクトップ探しの旅へは、こちらからどうぞ!

(ライフハッカー[日本版]編集部/文責:常山剛)