2022年の抱負、決まりましたか? 決まっている人は、目標実現に向けて行動できていますか?

今回は、「目標設定の仕方がわからない」、「途中で断念してしまう」という人のために目標を達成するための極意を伝授します。

逆算思考から始める目標設定方法

数多ある目標設定方法の中から、厳選したものをご紹介します。

1. セルフマネジメントで計画を立てる

まず、逆算思考をしてみましょう。

具体的には、「自己締切」を設けたり、「悲観のシナリオ」を想定しておいたりすることです。

特に「悲観のシナリオ」がキーポイント。これを考えておくことで途中で軌道修正することも容易になります。

>>詳しくはこちら

どんな状況でも成果へ導く目標管理術|今必要な「セルフマネジメント」実践法 | ライフハッカー[日本版]

どんな状況でも成果へ導く目標管理術|今必要な「セルフマネジメント」実践法 | ライフハッカー[日本版]

2. マンダラチャートを活用する

大谷翔平選手も活用したというマンダラチャートをご存知ですか? 構造はとてもシンプルで、「 目標達成と問題解決の最強ツール」とも言われています。

簡潔にまとめたい人は、3×3の9マスからなる「A型チャート」。じっくり分析したい人は、さらに多くのマス目からなる「B型チャート」を取り入れてみてはいかがでしょうか。

>>詳しくはこちら

大谷翔平が実践したマンダラチャートの作り方|目標達成の最強ツール | ライフハッカー[日本版]

大谷翔平が実践したマンダラチャートの作り方|目標達成の最強ツール | ライフハッカー[日本版]

挫折を乗り越えるための考え方

目標に向かっている途中での「挫折」はつきものですよね。そこで、挫折を乗り越えるために持ち合わせていたいメンタルについてご紹介します。

1. グッドバイブスの法則で「ふるまう」

つい誘惑に負けてしまう人は、グッドバイブスの法則を取り入れてみましょう。

なにかを本気で信じ、あたかもそれがすでに現実になったかのようにふるまうと、 物理的な現実世界にそれを出現させる可能性も高くなる」というものです。

>>詳しくはこちら

目指す姿を最短距離で実現にするために欠かせない「2つの視点」 | ライフハッカー[日本版]

目指す姿を最短距離で実現にするために欠かせない「2つの視点」 | ライフハッカー[日本版]

2. 「頑張ります」をNGワードにする

何かに取り組んでる時に使いがちな「頑張ります」という言葉。その言葉、とても便利なんです。「できるかわからないけど、頑張ります」。「うまくいかなかったけど頑張りました」。どれも「甘え」や「逃避」ですよね。

もう「頑張ります」と言うのはやめましょう。頑張らなくていいんです。ただし、その代わりにやってほしいこと。それは…。

>>詳しくはこちら

生産的な行動だけを習慣化し、結果を出す方法:書評 | ライフハッカー[日本版]

生産的な行動だけを習慣化し、結果を出す方法:書評 | ライフハッカー[日本版]

年が明けてからまだ2週間。1月のうちに計画を立て、2022年を充実した1年にしましょう。