長い時間と多くの経験を重ね、築き上げた自分なりの­ワークスタイルも、周りからしてみたら「まだやってるの?」と驚かれてしまうこともあるのかもしれません。「古い、時代遅れ」と言われないために、チェックしてほしい記事をまとめました。

留守電、ファックス、スチュワーデスはNG?

まずはウォーミングアップがてら、軽い気持ちで読んでほしいのがこちらの記事。

「いまだにそんな人いるの?」と失笑を誘う例から、「それはもう古いんだ…」という身に覚えがなくもない例まで、時代遅れと思われる人が取りがちな典型的な行動が紹介されています。

「時代遅れがいやだ」という気持ちの深層には、「実年齢よりも若く見られたい」「感覚が若いと思われたい」という心理が働いているのかも?

いくつあてはまるか、ぜひチェックしてみてください。

▼記事を読む

職場で避けたほうがいい「時代遅れ」な典型的行動12選 | ライフハッカー[日本版]

職場で避けたほうがいい「時代遅れ」な典型的行動12選 | ライフハッカー[日本版]

効果的なフィードバックの方法は?

仕事をするうえで欠かせない、上司から部下への「フィードバック」。

この記事では、受け手の部下が不安や警戒感を覚えたり、混乱したりしてしまうフィードバックのNG例と、その理由を説いています。

記事後半では、フィードバックを成功へと導く代替案も紹介されていますので、ぜひ参考にしてみてください。

▼記事を読む

上司必見。フィードバックの「かつての手法」がもう通じない理由と代替策 | ライフハッカー[日本版]

上司必見。フィードバックの「かつての手法」がもう通じない理由と代替策 | ライフハッカー[日本版]

柔軟な頭脳と精神を手に入れる思考法

「考え方」のノウハウを紹介した本には、思考のコツや戦略をテーマにしたものが多いですが、この記事で紹介されている「考え方」とは思考に対する価値観や心構え。すでに身につけた“考え方”を捨ててブラッシュアップすることの大切さを教えてくれます。

大切なことの1つとして紹介されているのが「頭の中をクリアにして、考える環境を整えること」。

ときに「できる人の頭の中を見てみたい」などと思うことがありますが、実はできる人のほうが“頭は空っぽ”で、いつでも柔軟に物事を受け入れる準備ができているのかもしれません。

▼記事を読む

考え方をブラッシュアップせよ。問題解決できる人の2つのルール | ライフハッカー[日本版]

考え方をブラッシュアップせよ。問題解決できる人の2つのルール | ライフハッカー[日本版]

お客様から選ばれる“次なる”営業法

営業のあり方が語られるとき、よく耳にするのが「物ではなく、自分を売れ」といったワード。

がむしゃらに力ずくで数字を追いかけるやり方が“時代遅れ”の営業スタイルだとしたら、「自分の利益よりもまずお客様のために」という誠実さを強みにする考え方は“新しい”スタイルで、すでに多くの営業マンが実践しているのではないでしょうか。

しかし、本当の意味の「お客様のため」とは? 長年、営業畑に身を置いて「ある日突然、“お客様から大型案件の依頼が舞い込む”ということが数え切れないほど起こった」という著者が「営業しなくてもお客様から選ばれてしまう営業」になる方法を伝授。

営業職に邁進している人はもちろん、どんな職種に就く人にも、大きな気づきがあるはずです。

▼記事を読む

「売るための営業」は古い。選ばれる営業になるために必要なマインドセット | ライフハッカー[日本版]

「売るための営業」は古い。選ばれる営業になるために必要なマインドセット | ライフハッカー[日本版]

多くの人と仕事をしていると、相手のやり方や考え方の違いに違和感を覚えることもあります。

しかし、そんなときに「自分はこのやり方に固執しているのかな」「そんな考え方もあるな」と柔軟に受け入れて常に自分をアップデートさせ、“時代遅れ感”のない働き方をしていきたいですね。