いつもスマホとセットで持ち歩くワイヤレスイヤホン。次購入するものは、個性的なタイプを選びたいと考えている方も多いのではないでしょうか?

有力候補となりそうなデザイナーズイヤホンが、クラウドファンディングサイトmachi-yaでプロジェクトを展開中です。累計2億円以上売り上げる人気イヤホンブランド・YOBYBO(ヨービーボ)」より、第5世代となる新作が登場しています。

スライドしてケースから取り出す体験が斬新。見た目と音質にこだわり抜いた「X-BOAT PRO」の魅力に迫って参ります。

フタも継ぎ目も排除したミニマルデザイン

Image: miraarc

まず目を引くのは、特長的な細長いケースかと思います。

フタはおろか、パーツの継ぎ目すら排除したエレガントなデザインに惹かれるファンは多いはず。プレミアムCNC加工プラス手作業による研磨が織りなす流線美は、目の保養を提供してくれます。

手への収まりがいいことから実用面でも魅力的。アルミ合金の好触感も相まって、ずっと握っていたいと思わせてくれます。

一瞬で装着可能!

Image: miraarc

イヤホンをケースから取り出す方法がひときわユニークです。左右にスライドするだけなので、音楽を聴くまでがスムーズ。すべてが片手で完結します。

オープンケースに慣れると、もうフタを開けて抜き出すタイプに戻れそうもありません。

13mm大口径ドライバーユニットが音質を高める

Image: miraarc

シリーズ最高音質を実現した「X-BOAT PRO」では、振動板の素材をチタンから液晶ポリマーフィルム(LCPフィルム)に変更。口径13mmの振動板は、低音の表現力にも期待できそうです。

加えて両耳伝送方式を採用しているので、片側のイヤホンの接続が途切れても、もう一方がカバーしてくれます。音声が途切れないのはストレスがないですし、通話などで特にありがたみが感じられるはずです。

次世代オーディオコーデックaptX Adaptiveにも対応

Image: miraarc

音楽を良い音で聴くためには、遅延や音質に関わるオーディオコーデックが重要。

「X-BOAT PRO」ではAAC、Apt-Xに加え、96kHz/24bitのハイレゾ音声信号が伝送可能なaptX Adaptiveにも対応しています。

aptX Adaptiveでは転送時の環境に応じてビットレートを変更し、接続の安定をキープ。対応スマホをお持ちの方は、超低遅延の恩恵が得られます。

ENCノイズキャンセリングで通話音質向上

Image: miraarc

バッテリー切れが使用感の課題になりがちなワイヤレスイヤホンですが、「X-BOAT PRO」ならケース込みでの連続再生時間が最大40時間とロングライフ。1時間でフル充電にできるのも、使い勝手が良さそうです。

ENCノイズキャンセリング搭載で、周囲の雑音を強力に除去。テレビ会議などでもクリアな声が届けられそう。重量わずか3.9gのイヤホンなら、リモートワークでの長時間装着にも適してます。


片手で装着できて使いやすいYOBYBO「X-BOAT PRO」は、現在machi-yaにて支援を受け付けています。

執筆時点ではEarly Bird【限定100台】40%OFF、9,000円(消費税・送料込み)の支援コースが選択可能な状況。カラーは3色、ナイトブラック/サイバーグリーン/スペースシルバーが用意されています。

毎日使う機会の多いワイヤレスイヤホンには、気に入るものを選びたいところ。デザインと音質にこだわった「X-BOAT PRO」なら、愛着持って使えるんじゃないでしょうか。

ご紹介しきれなかった魅力がまだまだたくさんあります。ぜひ一度、以下のWebページにてプロダクト詳細をチェックしてみてください。

Image: miraarc

Source: machi-ya