コーヒー党の皆さん、これからは忙しい朝でも、おいしいコーヒーを諦めなくてよさそうですよ。

なぜなら、machi-yaにてプロジェクト実施中の「VAC ONE」を使えば、なんとたった30秒でホットコーヒーを淹れられるのです。

しかも、自分でドリップするよりも“はるかに芳醇でクリアなコーヒー”に仕上がるのだとか…! この記事では、ワールドバリスタチャンピオンも絶賛のコーヒーマシンの仕組に迫りたいと思います。

真空抽出法で「高速抽出」が可能に

Image: fukueitre

「VAC ONE」がホットコーヒーをたった30秒で淹れられるのは、独自の真空抽出法のおかげ

抽出時、サーバーを真空状態にすることで、サーバーとドリッパーに圧力差が生じます。その圧力差を無くそうとして、水がサーバー側に移動するという、パスカルの原理を用いた仕組みです。

使い方は、3ステップで簡単。

①ドリッパーに豆をセット

②お湯を注いで30秒待つ

③電源ボタンを押す

たったこれだけで美味しいコーヒーが淹れられますよ。

「VAC ONE」で淹れられるのはホットコーヒーだけではありません。コールドブリューコーヒーもなんとたった4分ほどで抽出できます

通常12時間ほどかかりるというコールドブリューコーヒーがこんなにも早くできてしまうとはすごすぎる…。これがあれば、年中朝のコーヒータイムをよりゆったりと過ごせそうですよね。

簡単にプロ顔負けのコーヒーが淹れられる

Image: fukueitre

米国スペシャルティコーヒー協会が定める「ゴールデンカップ理論」をご存じですか?これは、最も多くの人がおいしいと感じるコーヒーの抽出度合いを理論化したものです。この理論によると、“抽出度18~22%の範囲”が一般的においしいコーヒーと言われます。

初心者のドリップでは、この絶妙なバランスを突き詰めるのは困難でしょう。でも、「VAC ONE」はそれを自宅で簡単に実現してくれます。

「VAC ONE」は、この「ゴールデンカップ理論」に基づいて設計されています。なので、短時間で誰でも簡単にプロ顔負けの味を再現できるのです。その味は、世界バリスタ選手権チャンピオンのお墨付きです

Image: fukueitre

また「VAC ONE」は、コーヒーの苦味や雑味の原因になる、抽出時の泡の混入を抑制してくれる構造になっています。

さらには、コーヒー豆自体が持つ力強い味や香りが存分に楽しめるようステンレス製フィルターも採用。豆本来の美味しさを引き出してくれる工夫がたくさん施されています。

ポータブル利用OK&耐水仕様

Image: fukueitre

「VAC ONE」は充電式なので、充電して持ち運べば電源の無い場所でも使えます。2時間でフル充電可能で、1回満タンにすれば100回以上も抽出できます!

Image: fukueitre

しかし、電気を使う製品となると、心配なのがお手入れ。毎日使うものは、お手入れもなるべく手間のかからないものを使いたいです。

その点も、「VAC ONE」は問題なし! 全ての部品が分解可能で、しかも耐水仕様が施されています。画像のように、豪快に水洗いしてもOKなのはありがたいですね!


より早く、よりおいしいコーヒーを淹れられる「VAC ONE」は、machi-yaでプロジェクト実施中の今がお得に手に入れられるチャンスです。

一般販売予定価格18,700円(消費税・送料込み)のところ、先着200名限定の早割なら、13%OFFの16,270円(消費税・送料込み)でご購入いただけますよ。この機会をお見逃しなく! プロジェクトページは下記のURLからご覧いただけます。

>>ホットコーヒーが約30秒で簡単プロの味。水出しも約4分で作れる【VAC ONE】

Image: fukueitre

Source: machi-ya