小さくても機能を諦めない。

ミニマルなお財布も多く見かけますがサイズダウンのため小銭入れが無いタイプもありますよね。キャッシュレスが進んだとはいえ、現金支払でのお釣りが発生することを考えると筆者的には小さくてもコイン収納は欲しいところ。

今回ご紹介するのはそんな課題にも向き合ったお財布「usuha-mini smooth ver.」。カードや紙幣に合わせたギリギリサイズの中で使い勝手を下げない工夫が随所にあるようです。

クラウドファンディングサイトmachi-yaでのお得な先行販売も終了間近でしたので、改めて詳細をチェックしておきましょう!

限界に挑む設計

Image: artigiano

財布の限界サイズを決める基準になるのがお札とカードのサイズ。

「usuha-mini smooth ver.」では横幅をカード幅+2mm縦幅を2つ折り1万円札と同じ8mmに設計したとのこと。

Image: artigiano

最小のフットプリントを目指す場合、お札より小さいカードを基準にする製品も多いですがその場合はお札を細かく折る必要がありますよね。

レジや自販機で使う際には広げて使う機会も多いので、スムーズな支払いにおいてはできる限り折らない方がベターです。

Image: artigiano

「usuha-mini smooth ver.」ではカードもお札の使い勝手も考慮しつつ、限界を攻めたサイズ設計になっているそう。

写真の例で見る限り収納量も申し分なさそうですよ。

小銭入れも諦めない

Image: artigiano

ミニマルな財布では小銭入れを備えないパターンもありますよね。キャッシュレス化は進んでいるとは言え、お札を使えば少なからずお釣りのやり取りも。

コインケースやポケットで解決も可能ですが、せっかく小さい財布を持ったのに別で荷物が増えては本末転倒……。

Image: artigiano

「usuha-mini smooth ver.」には25枚まで収納できる小銭入れも完備。さらに滑り出し使う仕組みで取り出しやすさも確保されています。

Image: artigiano

こちらは中身を入れる前と入れたあとの比較。未収納時からほぼ厚みの変化なく使えるの小さい財布だからこそ嬉しいポイントかも。

無駄のない美しいデザイン

Image: artigiano

金具ボタンひとつまで減らし、ほぼ一枚革で生み出されたシンプルさ。

プライベートはもちろん、スーツのポケットやジャケットの内ポケットでも邪魔にならないので仕事でも活躍してくれそうです。

Image: artigiano

カラーはブラック、キャメル、生成、ワイン、ブルーの5色。100%植物タンニン鞣しイタリアンレザー経年変化も楽しめるそうなので、長く相棒として使ってみてはいかがでしょうか?


極限の小ささに挑戦した上質ミニマルウォレット「usuha-mini smooth ver.」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では販売予定価格から1,650円OFFの13,750円(税。送料込)からオーダー可能でした。

お得なキャンペーンも終了が迫っているそうなので、気になった方はお早めに以下のリンクから詳細をチェックしてみてくださいね。

Image: artigiano
Source: machi-ya, YouTube