コンパクトで魅力的な財布がたくさん登場している昨今。カードをたくさん持ち歩きたい、お札は真っすぐにして保管しておきたい…といった要望に応えてくれるものは、なかなか見当たりません。

こうしたなかmachi-yaに、カードが13枚入って1万円札も折らずに収まるコンパクト長財布が登場しました。

Uno」を手掛けたのは、これまでmachi-yaで「一枚革のコンパクト財布ICHI」や「小さく薄い財布Saku」のプロジェクトを展開してきたレザーブランドmoku(もく)になります。

約780万円の支援を集めた「ICHI」、約3000万円の支援を集めた「Saku」に続く長財布とのことで、プロダクトの完成度への期待も高まります。「Uno」の魅力がどこにあるのかを探ってみました。

サイズはiPhone Maxシリーズ並み

Image: Atelier_moku
Image: Atelier_moku

「Uno」は長財布といえども、iPhone Maxシリーズと変わらないほどのサイズ感となっています。この財布の長さが163mmで、1万円札の長さ160mmをわずか3mmオーバーしているだけという、まさに限界ギリギリを攻めたミニマム設計です。

Image: Atelier_moku
Image: Atelier_moku

縫製をするとどんなに頑張っても、収納スペース+5mmが必要になるとのこと。「Uno」では、縫製せずに折り込んでホックで留めるとの離れ業で財布の端を固定して、余白を切り詰めています。

この2mmの差は、財布の使用感にも大きく影響しそう。「Uno」は、スマホを持つような感覚で手に馴染むはずです。

最大でカード13枚、小銭25枚が収まる

Image: Atelier_moku
Image: Atelier_moku

これほどコンパクトな長財布、収納力が犠牲になっていないかだけが心配。そもそもどうやってカードが13枚も入るのか、想像し難いかもしれません。

「Uno」には7つのカード収納ポケットが備わっていて、そのうち1つが小銭入れ側にあります。メインの6カ所についてはポイントカードなどの薄いカードなら2枚重ねて入れられるので、最大で13枚のカードが収まるというわけです。

もっともほとんどの方は、普段から13枚ものカードを持ち歩かないと思いますので、それぞれが個別に収まる「Uno」はとても取り出しやすいんじゃないでしょうか。

唯一小銭入れ側にあるカード収納ポケットはタッチ決済に対応しているので、交通系ICカードなんかを入れるのが良さそうです。

カードだけじゃなくお札や小銭も十分な量が収まります。この財布の最大収納量は以下です。

  • カード13枚
  • お札30枚
  • 小銭25枚(500円玉2枚含む)

小銭やお札も出し入れしやすい

Image: Atelier_moku
Image: Atelier_moku

小銭の取り出しやすさについては、前作までの設計が活かされてそう。浅底で口が大きく開いて、目的の貨幣がピックアップしやすいようになっています。

長財布といえば、小銭を取り出すときにも財布を開けないといけないのが少し面倒です。その点、小銭入れの口が外向きに付いている「Uno」に関しては、ダイレクトに取り出せてスマートです。

Image: Atelier_moku
Image: Atelier_moku

お札入れのパーツの折り込み具合にチューニングを施し、ホールド力を最適なものにしています。タイトで抜き出しにくいお札入れは使いづらいですが、数々の革製品を手掛けてきたメーカーの技術なら安心できます。

小銭入れ側にはマルチ収納ポケットも搭載。ここには、鍵やAirTagなんか収納可能です。

レザー素材が高品質

Image: Atelier_moku
Image: Atelier_moku

「Uno」は、レザー素材へのこだわりも見どころ。イタリアはトスカーナ州のタンナーによるプエブロと、ドイツの老舗タンナーによるノブレッサカーフの2タイプが用意されています。個性的な見た目のプエブロは、経年変化が早くてわかりやすいのも魅力です。

一方ノブレッサカーフは、高級感のある見た目を長期間にわたって楽しめます。いずれも一枚革で仕上げられていて、縫製の少ないぶん革本来の風合いが堪能できるんじゃないでしょうか。


一枚革構造で上質感あふれる長財布「Uno」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。執筆時点では早割、一般発売予定価格の15%OFF、16,830円(消費税・送料込み)からオーダー可能な状況です。

カラーバリエーションは、プエブロのタイプでブルー/キャメル/ネイビー/ワインの4色、ノブレッサカーフのタイプでブラック、グリーンの2色が用意されています。コンパクトで使いやすく、上質感のある長財布をお求めの方にとって、またとない機会なんじゃないでしょうか。

プロダクトについて、より詳しく知りたいという方、以下のWebページでチェックしてみてください。

>>一万円札より3mmしか大きくない!小さく薄い長財布Uno(ウーノ)

Image: Atelier_moku

Source: machi-ya