早くも梅雨明けで夏も長くなりそう……。

それならアウトドアをとことん満喫しよう!ということで今回は、キャンプやバーベキューをより贅沢にしてくれるポータブルビアサーバー「Trailkeg」のご紹介します。

保温性にも優れ、もちろん炭酸もOK。レバーを傾ければ新鮮なビールが流れ出てくるのは見ているだけで気分も上がりましたよ。

今回はサンプルをお借りしてクラフトビールを楽しんできたので、使用感も含めてレポートします。

お店のような極上の一杯を

百聞は一見に如かずということで、まずは一杯。

「Trailkeg」からしっかり冷たいままのビールが注がれています。少し泡が多めになりましたが、ガスの量を調整すれば泡の比率もきちんとコントロールできました。

アメリカ発の「Trailkeg」は1.9Lのハーフガロン、3.8Lのガロンサイズの2種ラインナップされています。大人数で楽しむならもちろん大きいサイズがオススメかと。

外からみていると金属製の大きなボトルだなという印象でしたが、蓋や各パーツは重厚さと精密さがありクオリティが高いですね。

CO2のガスカートリッジを使うビアサーバーなので、剛性感たっぷりな構造には安心でした。

実際にクラフトビールを飲んでみた

最初の準備はクラフトビールや市販のビールなどを手配しタンクに入れておきましょう。

保温性能は高めですが冷やす機能はないので、冷たいビールが好みであればタンクに入れる時点で冷えた状態にしておいてください。

飲む際には蓋に注ぎ口、圧力計、ガスカートリッジをつけて準備完了です。

圧力計が付属するガス弁はダイヤル式で扱いやすいタイプでした。

今回試したビールでは5psiの圧力が泡とのバランスがちょうど良かったです。ビールの種類にもよって多少変わってくるので、このあたりは使う時に色々試してみるのも楽しいかと思います。

あとはそっとレバーを引き、グラスを傾けながら泡とのバランスを見て注いであげてください。

ビールが残った場合はガスを10psiくらいに高めておくとしばらく保存できるとのこと。

今回は屋外で仲間と試したので飲み切れましたが、晩酌用に一人で少しずつ飲みたい方には助かる機能ですね!

さらに長時間使うなら氷の準備を

保冷性能は高く、ビール購入から2時間ほど経過しても蛇口付近が結露するぐらいには冷たさが維持できています。

グラスも汗をかいているので、ビールが冷えていることが伝わりますでしょうか?

ただ真空二重タイプのボトルとはいえぬるくならないワケではないため、キャンプやバーベキューでより長時間楽しみたい場合はクーラーボックスやバケツ等で冷やしてあげると良いかと思います。

参考までに今回のクラフトビールは、筆者宅の近くの量り売りOKなビアブティックKIYAにて購入したベルギー産の「LUPULUS HOPERA」。他にも魅力的な種類があり迷いましたが、暑い夏にもぴったりの一杯でしたよ。

お店では飲み放題も体験できるそうなので、お近くの方は「Trailkeg」に樽詰めしてもらいがてら味わってみてはいかがでしょうか?

筆者もクラフトビールにハマっているのでこれを機会に全国のクラフトビールショップを巡ってみたいと思います!


自宅やアウトドアでタップビールを楽しめるポータブルビアサーバー「Trailkeg」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてキャンペーン中。

執筆時点では単品が22%OFFの35,490円(送料・税込)からオーダー可能でした。

ビール好きの方はもちろん、アウトドア好きの方もぜひ下のリンクから詳細をチェックしてみてくださいね!

Photo: junior
Source: machi-ya
取材協力: KIYA