カジュアルすぎず、高級すぎず。

筆記するだけであればボールペンやシャープペンシルでも十分ですが、特別感のある万年筆に筆者は憧れがあります。

せっかくなら良い製品を使ってみたいと思いつつ、名のあるブランドの1本は高価で重厚すぎて気が引けてしまいませんか? そこでいい塩梅なのが金属製の万年筆という選択肢かもしれません。

クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン中の「TP4-V2」は、チタンを贅沢に使いながらもシンプルさと高すぎない価格な1本。普段使いにしても気取らないデザインで、耐久性も高そうなのが良さそうですよ。

お得な先行販売が終了間近でしたので、改めて詳細をチェックしてみましょう。

金属だけど柔らかなデザイン

Image: timazejapan

小柄で丸みのあるフォルムで、加飾はカラードリングのみとシンプルを極めたデザイン。

いい意味で万年筆感がなく、普段使いのペンとしてポーチやポケットに入っていても気取った印象を与えませんね。

Image: timazejapan

素材に使用されているグレード5のチタン合金は純チタンよりも硬度が高いそう。

ちなみにチタンは耐熱性・耐食性・非磁性・金属アレルギーが起こりづらいなど特長を持つため、医療用から航空機に至るまで幅広い分野で活躍する優れた金属。ですが、加工が少し難しいため他の金属に比べて高価になりやすいんですよね。

Image: timazejapan

本体の長さは120mmと短めですが、ほどよいチタンの重みで安定した筆記ができるように設計されているそう。

それでも重心や短さが気になる場合はキャップをお尻側につけることで146mmまで延長して利用が可能です。

選べるペン先

Image: timazejapan

万年筆の書き心地を大きく左右するといっても過言ではないペン先。

「TP4-V2」では万年筆業界でも名の知れたドイツのSCHMIDT(シュミット)社のニブが採用されていました。

Image: timazejapan

極細のEF(エクストラファイン)・細字のF(ファイン)・中字のM(ミディアム)の3種類があり、使用用途や好みに合わせてカスタマイズできるとのこと。

Image: timazejapan

「とめ・はね・はらい」の表現ができる万年筆は、ボールペンで書く文字よりも綺麗に見えるという嬉しい効果も。

大切な人へのお手紙やビジネスシーンなど幅広く使うことができそうですね。

書くことを楽しむペン

Image: timazejapan

インクシステムには、ペン先と同じSCHMIDT社のコンバーター式が採用されているとのこと。カートリッジ型と吸入用、どちらのインクでも対応できるのが助かります。

Image: timazejapan

ボールペンでは表現できないインクの滲みや濃淡は、万年筆ならではの醍醐味。

手書きの機会が減ってきた今だからこそ、「TP4-V2」で気持ちが入った文字を楽しんでみてはいかが


チタン製のシンプルで美しい万年筆「TP4-V2」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では単品が25%OFFの12,600円(送料・税込)からオーダー可能でした。

気になった方は、キャンペーン終了前に以下のリンクから詳細をチェックしてみてくださいね。

Image: timazejapan
Source: machi-ya