小さい財布は使いづらいー。ミニ財布にまつわるこんなイメージを刷新してくれる薄型ウォレットがmachi-yaでクラウドファンディングを開始しました。

spilim(スピリム)」は財布を開いてから中身を取り出す一連の動作に着目。片手で開くだけ、ワンアクションで圧倒的な使いやすさを追求しました。

開くだけで中身にすばやくアクセス

「spilim」最大の特長はこのスマホのような縦使いスタイル。片手の上に財布を開けばすべての中身がスッと取り出せるようになっています。

薄さは約2cmをキープしつつ、カード8枚、小銭20枚、紙幣20枚と長財布に劣らない大容量。 シンプルで上質なデザインはビジネスシーン小物とも相性抜群です。

Image: Studio_Bashare

出し入れ方向にこだわった内部構造

Image: Studio_Bashare

片手でスマホを操作する様子を模した「spilim」は出し入れの方向をすべて同じに統一することで無駄な動作を省いています。

財布を開けば上から紙幣、小銭、カード入れが一目瞭然。財布を縦に横にと動かす必要がなく、支払いもスムーズです。

Image: Studio_Bashare


面倒な小銭も放り込むだけ

ミニ財布にありがちなコインケース問題。小銭がコインポケットの奥底に詰まってしまったり視認性が悪かったりで、小さな財布の弱点とも言えるポイントです。

Image: Studio_Bashare


「spilim」はその問題を構造で解決。大きめのフラップ(蓋)が受け皿としての役割を果たし、大量の小銭でもざっと広げて取り出すことができます。

小銭を収納する時もジャラジャラっと受け皿部分に放り込むだけ。ジッパーの開け閉めもなく、感覚的にお金を出し入れできてストレスフリーです。

小銭入れ下のカードスリットは二つ折りにしても小銭入れとぶつからないよう配置されているため、中身を入れても薄さがキープできるようになっています。

上質シンプルな9色展開

ネイビー
ネイビー
Image: Studio_Bashare

カラー展開は9色。定番のブラックやネイビーから落ち着きのあるカーキ、トープ、ブラウンはスーツ、ジャケットコーデからカジュアルスタイルまで幅広いシーンに対応してくれそう。

カーキ
カーキ
Image: Studio_Bashare

裁断から仕上げまでを手掛けるのは日本の職人技術。コバの仕上げから念入れ、ベタ張りなど、丁寧に施された過程が洗練された佇まいからも見てとれます。

メイン財布としてはもちろん、ちょっとそこまでのお出かけ用や旅先でのサブウォレットとして携えておくのも◎。

「spilim」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにて、25%OFFの12,000円(税・送料込)から支援が可能です。

お得な割引のリターンは個数限定。気になる方はお早めに以下リンクをチェックしてみてください!

>>「開くだけ」のスピード会計!!『圧倒的な使いやすさ』を追求した薄い財布

Image: Studio_Bashare

Source: machi-ya , YouTube