極寒のヒマラヤで暖かく眠ることができる寝袋がある、と聞いたら信じられますか?

現在machi-yaでクラウドファンディングを展開している「ソロキルト」は、ヒマラヤを知り尽くした冒険家が8年をかけて作り上げた超快適寝袋です。

早速その秘密を探っていきましょう。

ヒマラヤ登山で実証された機能性

Image: NAIA TRADE

ふたりのアルピニストが、マイナス30℃を下回る冬のヒマラヤ登山で「ソロキルト」を使った感想を語っています。口をそろえて言っているのが「このキルトは湿気を吸収しない」ということ。

「冬山と湿気?」極地の経験がない私たちからすると、湿気の何がそんなに悪いのかと思いますよね。寝袋の湿気は実は、体温を奪う大敵なのです。

Image: NAIA TRADE

冬のアウトドア最大の問題「湿気」を解決しました

Image: NAIA TRADE

「ソロキルト」の中綿は、米軍でも採用されているClimashield APEX断熱材を使って作られています。この繊維の良いところは、熱効率の高さと軽さ。極地仕様の寝袋が2㎏を越えるものが多い中、「ソロキルト」が1.5㎏未満の重さで済んでいるのは、この断熱材のおかげでしょう。

ところが、どんなに優れた断熱材でも湿気がこもるとその分だけ空気の層が失われ断熱効果が低下します。人間は眠っている間にも汗をかきますから、寝袋を干して乾燥させることができない極地では、寝るたびに断熱材に湿気がこもってしまいます。

この湿気から断熱材を守るのが「ソロキルト」の防湿ライナーです。断熱材に湿気を入れないようにシャットアウトする構造。だからいつまでも暖かさが続きます。

Image: NAIA TRADE

ユーザー目線のうれしい5つの魅力

Image: NAIA TRADE

「ソロキルト」は、軽量で持ち運びに便利なだけでなく、家庭での洗濯も可能です。また、無駄を省いた構造で、温度調整もしやすく、かぶったままの移動も楽々。ファスナーを開いてブランケットとしても使えますので、オールシーズンに対応が可能です。

ただ、こちらの「ソロキルト」はやはり単体では快眠の保証が難しく、使用するマットレスの性能も重要になってきます。購入を考えの際には、マットレスも併せて検討ください。

Image: NAIA TRADE

車中泊や災害時の避難所泊にも役に立つ「ソロキルト」は、ただいま姉妹サイトmachi-yaでクラウドファンディングに挑戦中です。こちらのプロダクトは1年間のメーカー保証もついているので何かあっても安心ですね。

今なら一般販売価格53,900円のところ超超早割25%OFFの40,425円(税込み・送料無料)での支援が可能です。

>>ソロキルト待望の第二弾!-20℃でも快眠!ヒマラヤの冒険家が快適を追求した寝袋

Image: NAIA TRADE

Sauce: machi-ya