お腹が出て、ベルトが締まらない…。

そんなときに便利なのが、端をバックルに差し込んでピタッと固定するユニークな仕組みを採用した「NEW MIN BELT」です。穴なしベルトなので、フィット感の微調整ができて着脱も簡単。

前回のプロジェクトで250万円以上の支援を集めた大人気ゴルフベルトの待望の新作について、どこに魅力があるのかを探っていきます。

無段階に調整できるからジャストサイズに

Image: howardinternational
Image: howardinternational

体重の増減や満腹度合いなど、ウエストサイズは頻繁に変化します。対して穴あきベルトは、一定間隔でしか固定できず、着用感や見た目に妥協が強いられてきました。

バックルの裏にベルトの端を差し込む仕組みの「NEW MIN BELT」では、ウエストサイズに合わせ無段階に調整できて着脱も一瞬です。

スロットはバックルの裏面にあるので、ベルトの端がみっともなく飛び出ることもありません

Image: howardinternational
Image: howardinternational

着脱時はベルトの端を上下にスライドさせます。横方向に引っ張っても動かない設計なので、ドライバーショットで思いっきりスイングしても、スマートな見た目を維持してくれるはずです。

ハイセンスな見た目が劣化しにくい

Image: howardinternational
Image: howardinternational

ベルトの装着感も大事ですが、やはり最重視したいのはファッション性じゃないでしょうか。「NEW MIN BELT」の人気の秘密は、まさに高いファッション性にあります。ベルトの素材は高機能ポリマー製の合皮。

表面にはエンボス加工が施されていて、本革さながらの高級感を醸し出しています。シワやひび割れが起こりにくいとの特徴も備えているので、お手入れ要らずで長持ちです。

ステンレススチール素材にPVDコーディングが施されたバックルに関しても、耐久性・耐摩耗性に秀でています。

ドレスコードに叶っているかが気になるゴルフウェアですが、バックルが錆びにくい仕様の「NEW MIN BELT」なら、スタイリッシュな見た目をキープしてくれそうです。

バックルもベルトも水洗い可能。汗や汚れを気にせずプレイに集中できて嬉しいです。

リバーシブルで使えてコーディネイトが自在

Image: howardinternational
Image: howardinternational

今作で加わった新色は、合わせやすいブラック系とホワイト系のベルト。

「NEW MIN BELT」はリバーシブルで使えるんですが、ベルトの表は無地、裏はシェブロン・ストライプ(柄)となっていて、幅広いコーディネイトに合わせられそうです。

また、新たに登場したシェブロン・ストライプのバックルは高級感たっぷり。こちらデフォルトではベルトカラーがブラウン×ブラックとグレー×ブルーが選べます。

組み合わせて使えるのも「NEW MIN BELT」のメリットなので、数タイプ持っておいても損はないかもしれません。


「NEW MIN BELT」は現在machi-yaで支援を受け付けています。執筆時点では超超超早割、一般発売予定価格の25%OFFの14,850円(消費税・送料込み)からオーダー可能な状況です。

ブラック系/ホワイト系のベルトのタイプとシェブロン・ストライプのバックルのタイプ、それぞれの支援コースに限定人数が設けられていますので、早めの検討をおススメします。

プロダクトについての詳細は、以下のWebページを参照してみてください。

>>【ゴルファーのお腹に合わせる】サイズ自在でファッショナブル。ゴルフ用穴なしベルト

Image: howardinternational

Source: machi-ya