雨が降っているというだけで、外出が憂うつになりますよね。特に自転車やバイクで移動しなければならないときには、不快感を長時間がまんするほかありません。

クラウドファインディングサイトmachi-yaにてプロジェクトを展開するのは、雨の多い台湾で生まれた次世代レインコートです。

従来のレインコートは、首や袖から雨が浸入する、自転車を漕いでいるとめくれ上がる、薄い生地が豪雨を防ぎきれない…といった弱点を抱えています。「MORR 2.0」ではこの3点すべてを設計の工夫により克服済みです。

横殴りの暴風雨でもへっちゃら”との「MORR 2.0」に備わった、工夫の数々を見ていきましょう!

袖口が鉄壁!

Image: Brand New Trading

「MORR 2.0」の袖口には、2重の雨侵入対策が施してあります。傘や自転車のハンドルを持った際にずり落ちないよう滑り止めラバーを備えているほか、マジックテープで隙間をなくしつつ手に固定することが可能です。

また、襟部分に備わった紐を締めれば首に密着。さらには折り畳み式のフードが雨の侵入を防いでくるようです。

斜め開きの設計でめくれ上がらない

Image: Brand New Trading

ユニークな斜め開きの設計が、着脱を容易にすると同時に自転車を漕いだ際のめくれ上がりを防いでくれるとのこと。ボタンが外れて膝が濡れる心配がないのもいいですね。

足首まで隠れるロング丈に加え、ゆったりとしたサイズの設計で、背負ったバッグもスッポリとレインコートの中に。荷物を濡れず持ち運べます。

耐水圧30,000mmで徹底防水

Image: Brand New Trading

生地の防水性能が高いのも「MORR 2.0」の自慢です。耐水圧30,000mmとなっていて、シャワーにも耐えられるほど。一般的なナイロン傘の耐水圧が250mmほどなのを考えると、いかに「MORR 2.0」の防水性能が高いかがわかるんじゃないでしょうか。

さらには高水準の撥水性を備えているので、雨は表面で弾かれて流れ落ちていきます。レインコートを脱いだら軽く払うだけで、水滴を持ち込まずに建物内に入れますね。

スマートウォッチを濡らさず操作できる

Image: Brand New Trading

雨の日を楽めるよう設計されたこのレインコート、見た目がスタイリッシュ。普段使いしても支障がないほどファッショナブルなので、雨が降りそうな日にはそのままアウターとして羽織っておけます。

夜道で着るとロゴが光に反射して安全。夜のランニングやウォーキングでも活躍します。

腕時計用の窓が設けられているので、スマートウォッチを濡らさず操作できて便利でしょう。

台湾のクラウドファンディングで大人気!

Image: Brand New Trading

初代「MORR」は、台湾のクラウドファンディングサイト「ZecZec」にて1,362万円以上を獲得した人気プロダクトです。リニューアル版「MORR 2.0」についても、すでに2,467万円を売り上げているとのことで、台湾での雨の日需要に応えるプロダクトといえそうです。

梅雨から秋にかけて「MORR 2.0」があれば心配なし。年々激しくなる集中豪雨への対策としても、超防水レインコートがあれば心強いんじゃないでしょうか。

超防水仕様のレインコート「MORR 2.0」は、現在machi-yaにて支援を受け付けています。執筆時点では、販売予定価格からmachi-ya割20%OFF15,840円(消費税・送料込み)からとお得にオーダー可能。レインコートがコンパクトに収まる専用ケースも付いてきます。

紹介しきれなかったプロダクトの魅力は以下のプロジェクトページでチェックしてみてください!

>>もう雨の日にイライラしない!とにかく濡れたくない人のための徹底防水レインコート

Image: Brand New Trading

Source: machi-ya