水筒と言えばステンレスが一般的ですが、代わりにチタンを使った水筒があるのをご存知でしょうか?

チタンは地球上に豊富に存在する金属であるものの、加工が難しくコストがかかるため、チタン製の商品は一般的に高価になりがちです。そんなチタンでできたボトルが今回ご紹介する「Micro Therma(マイクロサーマ)」です。

軽さは素材から

「Micro Therma」はチタン専門ブランドである「TITANO(チタノ)」から生まれたチタン製の水筒です。

チタンと言えば、軽さが特徴。普通の水筒として使える強度を持ちながら、手に取った瞬間に「軽い!」と実感できるんです。ちなみに、ボトル本体の重さは126gです。

飲み物の香りを邪魔しない

ステンレス製の水筒を使っていて、金属のニオイが気になったことはないでしょうか? 実はステンレスには飲み物や食べ物の本来の香りを台無しにしてしまうのです。

その点、チタンはステンレスと異なり無味無臭。いつでも飲み物本来の味をキープしてくれます。つまり、チタンはこだわりのコーヒーやお茶を楽しむのに最適なボトルと言えそうです。

ちょっとだけ飲みたい、を叶えてくれるサイズ

容量は130mlと、少なめのコップ1杯といったところ。多くはありませんが、ちょっとだけ飲みたい、をかなえてくれるサイズです。

また、家で飲み物を入れなくても、オフィスなどでコップ代わりに使うこともできそうですね。

チタンを身近で使う、ささやかな贅沢

チタンのアイテムにはなんとなく惹かれる要素があるもの。登山やアウトドアではなく、身近な場所でチタンが使える。そんなささやかな贅沢が味わえるのがMicro Thermaの魅力ではないでしょうか。

>>素材の香りを変えない、純チタン製真空サーモボトル「Micro Therma」

Image: mediagene

Source: machi-ya, YouTube