ミクロの世界を身近に。

みなさんが最後に顕微鏡を覗いたのは小学校時代でしょうか? 肉眼からは想像もできない神秘的な映像や画像が今ならスマホで手軽に楽しめるんですよ。

それを実現してくれるのがスマホ用レンズ「microHunter PL」。

海外で人気を集める極小顕微鏡レンズシリーズの新作であり、透明・半透明な物質や鉱物などの観察がよりキレイに見れる偏光タイプとして登場しました。

クラウドファンディングサイトmachi-yaでお得なキャンペーンも実施中でしたので、早速気になる詳細をチェックしてみましょう!

本格顕微鏡クラスの観察が可能

Image: KaraSeed Ltd
Image: KaraSeed Ltd

「microHunter PL」は、スマホのレンズに貼り付けるだけで手軽にミクロの世界を楽しめる極小偏光顕微鏡レンズです。

Image: KaraSeed Ltd
Image: KaraSeed Ltd

ちなみに、偏光顕微鏡ってみなさんはご存知ですか? 文系育ちの筆者は初めて聞きました。

拙い理解で説明すると、普通の顕微鏡に比べてカラフルに描写できるため、観察対象物の特性や状態をよい把握しやすくなるとのこと。具体的には鉱物や細胞などの観察に適していることから、研究や医療などにも活用されているそうですよ。

偏光機能の有無で比べるとその差は歴然ですね。

Image: KaraSeed Ltd
Image: KaraSeed Ltd

専門機器の偏光顕微鏡に比べるとディティールは劣りますが、スマホで手軽にこのクオリティを実現できるのはすごいことかも。

表示はスマホの画面なので画像の保存も簡単ですし、大画面テレビでミラーリングして観察すれば子どもと一緒に自由研究を楽しめますね!

最大倍率800倍の性能

Image: KaraSeed Ltd
Image: KaraSeed Ltd

「microHunter PL」のレンズは、ピントの合う視野が広くなる歪みを抑えたレンズ設計を採用。

Image: KaraSeed Ltd
Image: KaraSeed Ltd

レンズ自体の最大倍率は約100倍。ですが、カメラのズーム機能を併用することで最大800倍まで拡大して観察する事が可能なんだそう。

Image: KaraSeed Ltd
Image: KaraSeed Ltd

この画像の製品が何かみなさんは分かりますか?

正解はデンタルフロスです。

繊維一本一本をハッキリと写すだけでなくだけでなく、800倍になると表面テクスチャまでキレイに見れることに驚きです。

サッと使える

Image: KaraSeed Ltd
Image: KaraSeed Ltd

使用方法は簡単で、「microHunter PL」をスマホのカメラレンズ部分に貼り付けるだけ。

独自開発の吸着ナノパッドによって、カメラを傷つけることなく繰り返し利用が可能になっています。

Image: KaraSeed Ltd
Image: KaraSeed Ltd

観察に必要なレンズとフォーカススタンドはカードサイズケースに収まるため、財布やバッグに入れて簡単に持ち歩くことも可能ですよ。


スマホで手軽にミクロの世界が覗ける偏光顕微鏡レンズ「microHunter PL」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では単品が1,400円OFFの6,300円(送料・税込)からオーダー可能でした。

ミクロの世界が気になった方は、以下のリンクから詳細をチェックしてみてくださいね。

Image: KaraSeed Ltd
Source: machi-ya, YouTube