PCやスマホ、スマートウォッチなど最低でも1日1回はお世話になる充電ケーブル。最近でこそUSB Type-Cが主流になったとはいえ、規格が統一されるにはまだ時間が必要ですよね。

そんな課題を解決する端子交換型のケーブルも世の中に多くありますが、姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の「Magic Cable C60」も便利な1本かも。

マグネット活用で端子交換やケーブルをまとめる機能が搭載されているようなので、お得な先行販売終了前に改めてチェックしてきましょう。

挿しっぱなしOKのマグネット端子

Image: MKTrade

MacBook ProにもMagSafeが復活しましたが、ピタッと勝手にくっついてくれる端子はちょっとしたことですが便利ですよね。

「Magic Cable C60」もそんなユーザービリティを再現しようとしているのかもしれません。

Image: MKTrade

使い方はシンプルで、端子チップを充電したいデバイスに挿し込んでおくのみ。

あとはケーブル部分を近づければピタッとくっつき、充電やデータ転送が可能になります。

Image: MKTrade

端子部のマグネットには強力なN52ネオジム磁石を採用

実験によるとスマホ3台の重量でも外れない磁力なので、アバウトに近づけてもストレスなく接続できそうな感じがします。

逆に磁力の強さゆえ、ケーブルを引っ掛けた場合にはスマホごと引っ張られる可能性も高いので利用時には十分注意しましょう。

PD60WだからPCもスマホもこれ一本

Image: MKTrade

マグネット端子はUSB Type-CLightningMicro USBの3種に対応。

最近はMicro USBも見かけることは減りましたが、とりあえず挿しっぱなしにしておけば持ち歩くのはケーブル1本でOKなのが助かるポイントですね。

Image: MKTrade

電力供給はUSB PD(60W)に対応。PCだと消費電力の大きいMacBook Pro16インチなどのハイスペックモデル以外は概ね対応できそうです。

参考までにiPhone 12 miniの場合で約30分で52%、M1のMacBook Airの場合は65Wのアダプタ使用で約40分で50%の充電が可能とのことでした。

Image: MKTrade

充電だけでなく最大480Mbpsのデータ通信にも対応するのでUSB2.0規格を採用している模様。USB3.1のGen1/Gen2に比べると遅いため、高速が売りのSSD用ケーブルとしては不向きですね。

充電メインで使いつつ、写真やちょっとしたファイル転送などに使うには問題ないと思います。

まとめやすくて絡まらない

Image: MKTrade

ケーブルを持ち運ぶときのストレスといえば、ぐちゃぐちゃに絡まる点ではないでしょうか。断線のリスクも高くなり、何より使う時に面倒ですよね。

「Magic Cable C60」のケーブルには等間隔にN52ネオジム磁石が配置されているので、クルクルっと丸めるだけで勝手に固定されるんですよ。

Image: MKTrade

デスクや棚の金属部分に貼り付ける際にも役立つそうなので、配線をキレイにしたい方にも嬉しい機能かもしれませんね!


Type-C端子になったマグネットケーブル「Magic Cable C60」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では2本セットが36%OFFの3,500円(税・送料込)からオーダー可能でした。気になった方はキャンペーン終了前に詳細をチェックしてみてください!

Image: MKTrade
Source: machi-ya, YouTube