多くのキャンプ好きを悩ませる、荷物量に関する問題。

特に車を利用しないソロキャンプであれば、できる限り荷物は少なくしたいですよね。

それには、複数の用途を兼ねる&サイズが小さいキャンプギアを選択するのが、わかりやすく有効だと思いませんか?

そこでぜひチェックしていただきたいのが、machi-yaでプロジェクトを実施中の「圧縮LEDランタン」です。

その名の通り、LEDライトとしての機能に加え、空気入れと空気抜きまで対応するという品。

これさえあれば、テント泊の必需品とも言えるエアーマットをより手軽に使えるはず…ということで、実際に近所の川原で試してみましたよ。

まさに手のひらサイズ!

Photo: 山科拓郎

製品が到着すると、多くの人はその小ささに対して驚かれるはず。

Photo: 山科拓郎

まさに手のひらサイズなんですが、こちらに3つの機能が詰め込まれているんですね〜。

ちなみに重さは120gほどで、一般的な文庫本より軽いことになります。付属のストラップでバッグなどに吊るしておいても、負担が少なそうですよね。

Photo: 山科拓郎

本体上部のフタを開けると、空気入れノズル2種が登場。バランスボールやエアマットなどの空気口に合わせて取り付けることで、スムーズに空気が入れられるというワケですね!

まずはライトの機能をチェック

Photo: 山科拓郎

ライトをオンにする際は、ボタンを長押しすればOK。

ボタンを再度押すごとに、3段階で調光できるほか、点滅を繰り返すSOSライトの機能も備わっています。

サイズを考慮すると、テント内や手元を照らすには十分な光量だと感じました。

一方で、空気入れ&空気抜きの機能を利用することを考えると、バッテリー容量は少し不安かも…。あくまでサブのライトとしての活用すると、とても重宝すると思いますよ。

3分程度でエアーマットがパンパンに!

Photo: 山科拓郎

キャンプ泊の際、硬い地面から身体を守ったり、寒さをしのいだりするのにエアーマットは必需品とも言える存在です。

ただ、当然ながら膨らませるのはなかなか労力がかかりますよね…。

Photo: 山科拓郎

でも、「圧縮LEDランタン」にアタッチメントを取り付ければ、ものの3分でエアーマットがパンパンに膨らみました。

プロジェクトページの記載によると、満充電で約4枚のエアーマットを膨らませられるとのこと。1枚分に空気を入れただけなら、ほかの機能も存分に使えそうです。

ちなみに、機能を利用するには本体のボタンをダブルタップすればOK。空気口の形状によってフィットしにくい場合は、手で「圧縮LEDランタン」を支えてあげるといいでしょう。

Photo: 山科拓郎

空気を抜く際は、フタとアタッチメントを取り外した状態で、エアーマットの空気口に乗せるだけ。

冬場のキャンプに重宝するダウンジャケットなどを圧縮できて、かさばらずに持ち運べるのも嬉しいポイントですね。


火吹き棒と併用すると、火起こし時のブロワーとしても重宝する「圧縮LEDランタン」。

machi-yaで実施中のプロジェクトでは、一般販売予定価格4,980円(消費税込み)のところ14%OFFの4,280円(消費税・送料込み)から支援可能です。到着は4月を予定しているとのことなので、春キャンプのお供にいかがでしょうか?

Photo: 山科拓郎

Source: machi-ya,YouTube