小さくても収納量はしっかりとね。

QRや非接触決済対応のお店もどんどん増え、大きい財布でなくても困らなくなってきましたよね。とはいえ、小銭収納無しやカードスロットが少ない財布では事足りないことも。

ちょうどいいサイズって実に難しいですよね。今回はそんな課題に挑戦した「L字ファスナー財布ミニ」のご紹介です。

実際に筆者がサンプルを使ってみたところ、カードや小銭もしっかり収納できるちょうどいい塩梅の収納量でしたので、ぜひ最後までレポートをご覧ください。

こだわりのレザー

Photo: Haruki Matsumoto

まずは外観からチェック。素材にはイタリア産レザーのマヤベリーを採用しているそう。

毛羽立ち加工によるマットでざらついた感じがユニークでした。また革自体は経年変化が早いタイプだそうで、色艶の変化も楽しみですね。

Photo: Haruki Matsumoto

厚さは26mmと極薄タイプの製品ではありませんが、最大容量まで収納してもサイズ変化しにくい設計だそうですよ。

筆者的には手のひらサイズで扱いやすいサイズ感だと思いました。

Photo: Haruki Matsumoto

メーカーの遊び心として引き手が魚型になっています。

好みは分かれそうですが、いかにも魚という感じではないのでチャームポイントにはなっているかと思います。

カードは最大20枚

Photo: Haruki Matsumoto

「L字ファスナー財布ミニ」の真骨頂は中の構造にあり、カード類は最大20枚も収納可能。しかも最大まで入れても厚みに変化がないのも評価ポイントです。

クレカや免許証だけでなくポイントカードなどもしっかり持ち運べますね。

Photo: Haruki Matsumoto

カード収納の隣にはボタン留めフラップ付きのコインケースが備わっています。

狭そうに見えますが、硬貨も20枚枚まで収納できるので日常利用で困ることはありませんでしたよ。

Photo: Haruki Matsumoto

コイン類はポケットの上から流し込むだけでOKといったユニークな機能も搭載。

多少雑に流し入れても整理される仕組みになっているので、おつりを受け取る際にもスムーズでした。

Photo: Haruki Matsumoto

紙幣は写真のように収納し、最大10枚まで対応。押さえがあるので一枚ずつ取り出しやすかったですよ。

カラーは2色

Image: TOKITOMA DESIGN

今回使ったのは定番カラーのブラウンですが、ターコイズブルーも選択可能。

ダークカラーとはまた違った爽やかな印象なので、レジャー用などにも良さげですね。経年変化では濃くなるようなので、それの変化も楽しみですね。


サイズと収納量のバランスに優れたイタリアンレザー製ウォレット「L字ファスナー財布ミニ」は、現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では10%OFFの11,520円(税・送料込)からオーダー可能でしたので、気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

Photo: Haruki Matsumoto
Image: TOKITOMA DESIGN
Source: machi-ya