イメージを正確に描画できるかも。

クラウドファンディングサイトmachi-yaでキャンペーン中の「Hexagonal Ruler 2.0」は、さまざまな図形描画を可能にする形状もユニークなステンレス定規。

分度器やコンパス、正多角形などデザインに役立つ機能が詰まった製品となっており、正六角形のスタイルにも理由があるみたいですよ。

今回はサンプルをお借りしたので、実際に使ってみた感想をお届けします。

六角形に着目した文具

3種類のルーラーがセットになっていました。
3種類のルーラーがセットになっていました。
Photo: junior

「Hexagonal Ruler 2.0」の六角形フォルムは、実は自然界でも多く見られる構造なんだとか。

例としては雪の結晶や蜂の巣などがあり、対称性や耐久性にも優れた効率の良い構造なんです。そんな機能も見た目にも美しい形状にコンパスや分度器などが詰め込まれています。

素材はマットブラックに塗装されたステンレス。手に取るとひんやりとした金属らしい質感を楽しめます。

薄さも3種セットをあわせて日本円の硬貨と同じほどの厚みで、

まとめて持ち運べるレザーケースも付属しています。

スピログラフを描いてみた

「Hexagonal Ruler」にはコンパスや分度器、ポリゴンルーラーとして使えるように各種コーナーラウンダーや円などが配されています。

そのほか、幾何学模様を描くスピログラフと呼ばれる機能も備えています。

スピログラフとしての使い方は、メーカー提供のこちらの描写映像がわかりやすいですよ。

筆者も見様見真似でトライしてみたところ、幾何学模様がバッチリと描けました

こういった幾何学的な図形は一般的な直線・三角定規だけで描くのが難しいですよね。

製品の機能を使っただけなのに、少しデザインが得意になった気がして楽しかったです。

他にも正三角形から正二十角形までの正多角形を素早く書けるのも「Hexagonal Ruler」の特長とのこと。

こちらは正六角形の描写映像ですが、コツを掴めば簡単に描けそうでいいですね!


多彩な図形描画を可能にするデザインルーラー「Hexagonal Ruler 2.0」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では単品が23%OFFの11,800円(送料・税込)からオーダー可能でした。気になった方は以下のリンクから詳細をチェックしてみてくださいね。

Photo: junior
Source: machi-ya, YouTube(1, 2)