家でお酒を飲んで過ごす時間を大事にしている方も多いでしょう。お気に入りのお酒にスモークと香りが加われば、リラックスタイムの幸福感が増しそうです。

クラウドファンディングサイトmachi-yaでプロジェクトを展開するのは、ドリンクにスモークで香り付けできるHAZEY」です。4種類のプレミアムウッドチップを使った粋な演出は、海外ですでに人気を博していて、クラウドファンディングサイトのIndiegogoとKickstarterで合計1980人、2600万円の支援を集めています。

今回は、お酒の味よりも飲むときの雰囲気が好きな筆者が、オリジナルフレーバードリンクを体験してみてわかった魅力をお伝えします。

見た目からテンションが上がる!

Photo: 山田洋路

「HAZEY」がデラックスなボックスに入ってお目見えです。本体はオールステンレス製。アップルウッド、チェリーウッド、メスキート、ヒッコリーの4種類のウッドチップはアメリカで調達した上質なものとなっています。

見た目の高級感がすでに場の雰囲気の演出に貢献してくれています。スモークがウイスキーといいコンビなのはピンときますが、意外にもカクテルともマッチするようです。

スモークするプロセスも楽しめる

Photo: 山田洋路

さっそくスモークを体験すべく準備していきます!

「HAZEY」本体の蓋をパカっと開けると、ウッドチップを入れるスペースが。

Photo: 山田洋路

スモーク排出用の孔が覆いかぶさる程度にウッドチップを敷き詰めていきます。今回は真ん中まで敷き詰めましたが、燃え残ってしまいました。後で知ったのですが、ドーナツ型にすると効率良いみたいです。

Photo: 山田洋路

ウイスキーをグラスに注ぎ「HAZEY」をセット。バーナーでウッドチップを焙ります。いい感じにスモークが立ち込め、同時にウッド系のお香のような香りがほのかに漂います。

Photo: 山田洋路

蓋をして30秒ほどスモークすれば完了です。

ウイスキーを煙と一緒に飲むのは新体験!

Photo: 山田洋路

「HAZEY」を取り外すと、グラスからスモークが上り、なんとも幻想的な光景。しばらくはウイスキーの水面にスモークが残っていました。

視覚で堪能した後は味覚の番です。ウイスキーを味わう頃には水面を漂っているスモークはわずかでしたが、口に含む前から強烈にアップルウッドが入ってきて驚きました。これは新体験。味覚は香りに左右されるといってもいいほど影響が大きいです。

お酒と香りを楽しむ新体験

Photo: 山田洋路

せっかくなので、さまざまなドリンクとウッドチップでも試してみました。

カクテルやハイボール、ノンアルコールビールとどれもそれなりに楽しめましたが、なんといっても香りの存在感が強く、チビチビと飲みつつまったりドリンクを堪能するのに最適だと感じました。

Photo: 山田洋路

目を奪われるスモークの演出は、ホームパーティやアウトドアイベントでも喜ばれそう。お酒が好きな人にお酒をギフトするときはかなり悩みますが、趣向を変えたプレゼントとしてもいいかもしれません。また「HAZEY」は、おつまみの香りづけにも使用できます。

オリジナルフレーバードリンクとスモークによる演出が楽しめる「HAZEY」は、現在machi-yaにて支援を受け付けています。執筆時点では一般発売予定価格の超早割15%OFF、12,800円(消費税・送料込み)からオーダー可能となっています。

プロダクトについてより詳しい説明は、以下のプロジェクトページでチェックしてください。

>>キャンプやパーティーで香り高いウイスキーを楽しめる「スモークカクテルキット」

Photo: 山田洋路

Source: machi-ya