寒さを我慢せず過ごしたい…という方におすすめなのが、エアロゲル素材の手袋

ゴワゴワしない手袋は見た目も着け心地も違和感がなくて快適なんです。

今回、クラウドファンディングサイトmachi-yaでプロジェクトを展開する「超断熱ビジネスグローブ」をお借りできました。実際の暖かさや使用感はどうなのかといった、試してわかった気づきをお伝えしていきます。

ビジネスコートと相性のいい薄手のグローブ

Photo: 山田洋路
Photo: 山田洋路

手先が冷えるのが悩み、という方も多いと思いますが、実は筆者もその1人です。ジャケットやパンツなどは、防寒性の高くて使いやすいプロダクトがたくさんあるなか、手袋に関しては未だに“コレ”といったものに出会えないできました。

そこにきて知ったのが「超断熱ビジネスグローブ」。見た目的には申し分ないスタイリッシュさで、スーツやビジネスコートにも違和感なく合わせられそうです。

ゴワつきが少なく快適に装着できる

Photo: 山田洋路
Photo: 山田洋路

超断熱素材エアロゲルを使用することでこの薄さを実現しています。表面素材は上質感にあふれるシープレザー。「超断熱ビジネスグローブ」があれば、手先の寒さと見た目、どちらも妥協することなく冬を過ごせそうです。

指を動かしたときのゴワつきも少ないので、厚手の手袋の不自由さが苦手という方にもおススメできます。

Photo: 山田洋路
Photo: 山田洋路

内側の素材は高密度のロックフリースを採用していて、ソフトで触り心地がいいです。袖口のニットが手首と手袋のスキマをなくし、熱が逃げるのを防いでくれます。

冷気をシャットアウトして手袋内はポカポカ

Photo: 山田洋路
Photo: 山田洋路

ところで、これほど薄い手袋がほんとに暖かいのかは、確かめないとわかりません。さっそく手袋を装着して屋外に出てみました。

手が冷え切っていたこともあり、最初のうちは手袋の断熱性を実感できませんでしたが、5分もすれば体温で手袋内がポカポカ温まってきました。

そこからは、さすがドライアイスの冷えすらシャットアウトするエアロゲル。ときおり吹く木枯らしも、手先の体温を奪うことはできませんでした。これなら手をポケットに突っ込まず、悠々と散歩できそうです。

Photo: 山田洋路
Photo: 山田洋路

念のため自転車でも「超断熱ビジネスグローブ」を試してみました。もちろん冷たい向かい風もなんのその。

外気の影響はまるで受けない「超断熱ビジネスグローブ」は、バイクでも通用しそうです。

これほど断熱性が高いと、こんどは蒸れないかが心配になるところですが、意外にも手袋内は快適なまま。なんでもエアロゲルには、保温性や断熱性と合わせて透湿性も高いとの不思議な性質があるようです。

また薄手の手袋は。ブレーキなどの自転車の操作にも支障がありませんでした。手先が自由に使えるとなればスマホ決済やメモなどもやりやすそう。「超断熱ビジネスグローブ」があれば、冬場も積極的に外出したくなるんじゃないでしょうか。


ビジネスから普段使いまで違和感なく馴染む「超断熱ビジネスグローブ」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。

執筆時点では超早割、一般発売予定価格より41%OFFの9,480円(消費税・送料込み)からオーダー可能な状況です。真冬を快適に過ごすべく、超断熱素材入りの手袋をぜひどうぞ。プロダクトについての詳細は、以下のWebページでチェックしてみてください。

>>【宇宙服素材エアロゲル】超断熱・超防寒!驚くほど温かい本革超断熱グローブ

Image: AGERU_GENSEN

Source: machi-ya