筆者はスーパー銭湯やサウナが好きで、最近は足が遠のいていますがコロナ禍の前にはよく通っていました。

今は代わりに自宅でのお風呂タイムを楽しむため快適なバスグッズをいろいろと試しています。

そこで今回は姉妹サイトmachi-yaでキャンペーン中の少ない力でも角質ケアができるボディタオルGLOSSY」をご紹介します。

独自の極微細ループによって少ない力で汚れや角質を絡め取れる製品とのことで、実際にサンプルを使わせてもらいました。

好きなタイプを選べる

改めて「GLOSSY」は角質除去にも役立つお風呂用のボディタオルで、手袋型・ミトン型・タオル型といった3形状がラインナップされています。

拡大してみたところがこちら。

すべての形状で素材は同じものとなっており、ループ状に起毛した繊維が特徴的。

ちなみにこの繊維はナイロンではなく、とうもろこしをベースにした素材から生まれているとのこと。

焼却処分をしても有害物質が発生せず、埋めれば生分解されるとのことで環境にも優しいのだそう。

手袋タイプやミトンタイプを含め各種ワンサイズ展開。

自分の手に合うかどうかが疑問でしたが、十分な伸縮性があるのでよほど大きな手でない限りは大丈夫そうでした。

実際に使ってみた

実際にミトンタイプを使用してみました。

男性としては手の小さめな筆者には若干大きめでしたが、使い勝手が悪いことはありませんでしたよ。

見た目はフワッとしていますがコットンやフリースのようなふわふわ感はありません。角質タオルというだけありザラついた感触で、アカスリタオルをマイルドにした感じです。

ただ、アカスリタオルのようにゴシゴシする必要はなく、優しくこすっているだけでも表皮の汚れを絡めとっている感覚はありましたよ。

ミトンタイプはタオルやスポンジ型のものより力加減の調節もしやすく、直感的に身体を拭くことができるので便利でした。

手袋タイプは、足の指の間や耳の後ろなど細かな隙間が得意。

なお、優しい力でも擦っている感覚はしっかりあるので強い力でゴシゴシするのは注意してください。

ボディソープを手に取り手を何度か握るとアワアワしてくれたので泡立ち性能は悪くないと思います。

汚れは落ちやすい

こちらは洗浄能力実験の様子。

GIF動画の関係で少し早送りになっていますが、軽く撫でるように15秒ほど擦っただけで油性マジックの文字もキレイになったので洗浄力は高いと言えるでしょう。

同じ結果をナイロンタオルで得ようと思うと、もっと力を入れて擦っていたかと思います。


超微細ループで洗浄力に自信アリなタオル「GLOSSY」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では手袋・ミトン型の単品が15%OFFの2,700円、ロングタオル型が5,100円(いずれも送料・税込)からオーダー可能でした。

気になった方は以下のリンクから詳細をチェックしてみてくださいね。

「全身使用」お風呂だけでスッキリしないときは!強力な角質タオルグロッシー!

「全身使用」お風呂だけでスッキリしないときは!強力な角質タオルグロッシー!

Photo: junior
Source: machi-ya