こんなテントが似合うようになりたい!

姉妹サイトmachi-yaでキャンペーンを開始した「Fireproof HCG TENT」はまさに野営といった雰囲気を醸し出す国産パップテント。もともとは軍隊で使われており別名では軍幕テントとも呼ばれるタイプです。

無骨でミリタリーな様子には熟練キャンパーのオーラが漂っていますね。

そろそろ一人でキャンプもしてみたいなと思う筆者が特長をチェックしてみました。

Video: <a href="https://youtu.be/JEIqp9Q6miM" target="_blank">High Camp Go!!/YouTube</a>

シンプル&ワイルド

1636941358656
Image: sparkycreate

キャンプ人気もあり各社便利さや快適さを打ち出したテントもラインナップしていますが、パップテントの魅力は機能などでは語れないでしょう。

1636941325361
Image: sparkycreate

冒険感溢れる野営スタイルで自然を楽しむことが最大の魅力かもしれません。

1636941359314
Image: sparkycreate

メーカーとしても「シンプルに質の高い素材でクールなテントを作りたい」という思いから、素材は国産10号帆布を使用し縫製もすべて国内で行っているそう。

その分若干お値段は張るようですが、修繕にも対応するので末永く使える製品になっているようです。

難燃性で焚き火もOK

g2
Image: sparkycreate

パップテントというスタイルを味わうだけであれば安価な製品や快適素材の製品も多く存在します。

例えばコットンとポリエステルを混ぜたT/C素材は化繊単体に比べても火にも強く人気ですが、それでも焚き火までは推奨できないようです。

その点コットン100%の「Fireproof HCG TENT」は直火で炙っても簡単には火が点かないほどの難燃性だそう。

1636941383730
Image: sparkycreate

そのため、しっかりと距離さえ取れば幕下での焚き火にも対応するので自分だけの贅沢なソロキャンプサイトが実現できますね!

1636941385027
Image: sparkycreate

裏地にパラフィン樹脂加工をすることで雨の侵入を防ぐとのこと。

とはいえ完全防水ではないため雨天での利用は非推奨となっていた点にはご注意ください。

最大2人まで使える

1636941414824
Image: sparkycreate

サイズ感はご覧のとおり。自立ポール間が約200cmあるのでソロキャンプであれば広くはないものの十分なスペースかと思います。

1636941414991
Image: sparkycreate

コットを使う場合は2台が収まるサイズ感になっているとのこと。

尚、「Fireproof HCG TENT」にはインナーテントは無いため、宿泊時には別途で用意しないと虫や冷気対策ができない点にはご注意ください。

どちらも気になるカラー展開

1636941325164
Image: sparkycreate

カラーは2色展開。クールな印象のブラックと、

1636941325010
Image: sparkycreate

ミリタリー感がより濃くなるオリーブとなっています。

どちらも使い込むほどに帆布が柔らかくなり、また加工されたパラフィン自体も色が変わって経年変化も楽しめるそう。

テントがいい感じに使い込まれた暁にはキャンパーレベルもグッと上がっているかもしれませんね!


ワイルドにキャンプを楽しめる国産本格パップテント「Fireproof HCG TENT」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点では一般販売予定価格から25,000円OFFの104,800円(税・送料込)からオーダー可能となっていました。尚、設営に必要なポールやペグは付属しない点にはご注意を。

記事では紹介できなかったその他のこだわりポイントもたくさんあったので、気になった方は以下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

>>生地から縫製まで全て日本製の本格パップテント

Image: sparkycreate

Source: machi-ya, YouTube