いよいよ2022年4月1日からは有料化か…。

「プラスチック資源循環促進法」の施行も決まり、コンビニで気軽にスプーンやフォークをもらえなくなりますよね。

中には代替素材で提供してくれるお店もあるかもしれませんが、ここらで繰り返し使えるマイカトラリーも視野に入れてみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介する「êköカトラリー」も普段使いからアウトドア用にも使えるマイカトラリーなんです。

メーカーからサンプルをお借りしたので、実際に使ってみた感想をお届けします。

便利な拡張グリップ

Photo: Haruki Matsumoto

さっそくですが「êköカトラリー」1番のポイントは、ハンドルを延長できるところでしょう。

本体はステンレス製ですがハンドルは樹脂製で簡単に脱着できる仕組みでした。

Photo: Haruki Matsumoto

1セットにスプーンフォークの両方が付属します。

どちらもサイド部分がノコギリ状になっているため、簡易ナイフとしても使えるようになっていました。

Photo: Haruki Matsumoto

短い状態では全長10cmほどとコンパクトになるので、お弁当と一緒に持ち運んでも邪魔になりませんね。

またメスティンなどに入れてもスペースを取らないので、キャンプシーンとも相性が良いと思います。

小さくても使いやすい

Photo: Haruki Matsumoto

いざ実食。

拡張状態では全長15cmとなり持ちにくさなどは感じず、扱いやすいサイズでした。

サラダやお弁当全般は問題なく使えそうですよ。

Image: WINCLE

また今回は試せませんでしたが、底の深いカップ麺などの容器にも十分使える長さとなっているのも嬉しいポイント。

Photo: Haruki Matsumoto

ナイフ部分はあくまで簡易的な設計なので、スパッと切れる感じではありません。

とはいえ食べ物を小さく切り分けるのには十分使えるので気にはならないかと思います。

Photo: Haruki Matsumoto

樹脂パーツを外しての状態でももちろん利用可能です。

プリンなどのデザート用などに使うと良いかもしれません。

耐久性と清潔維持も

Photo: Haruki Matsumoto

素材には耐久性や耐腐食性に優れた304ステンレスを採用されています。

使っている限り華奢な印象はなく頑丈で長く使えそうでしたよ。

Image: WINCLE

表面は特殊な研磨処理によって汚れ落ちしやすいよう加工されています。

水で洗えない場所ではサッと拭き取っておくだけでも菌の繁殖を抑えられそうですね。


持ち手脱着でコンパクトに収納できる「êköカトラリー」は現在クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。

執筆時点で30%OFFの3,980円(共に税・送料込み)からオーダー可能となっていたので、気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

手のひらサイズで携帯性バツグン!  汚れ落ちに優れたプレミアムカトラリーセット。

手のひらサイズで携帯性バツグン!  汚れ落ちに優れたプレミアムカトラリーセット。

>>手のひらサイズで携帯性バツグン!  汚れ落ちに優れたプレミアムカトラリーセット

Photo: Haruki Matsumoto
Image: WINCLE
Source: machi-ya