味や食感から見た目まで、料理の出来栄えを左右すると言われる包丁の切れ味。

常に新品同様の鋭さをキープしておきたいところですが、砥石を使ってのお手入れには慣れが必要で、挑戦に勇気がいりますよね。失敗すると、かえって包丁にダメージを与えてしまう恐れもあるのだとか。

Photo: 山科拓郎

しかし、machi-yaでプロジェクトを実施中の転がすシャープナー「Diamond Roll Grinder」を使えば、切れ味を復活させるのが超簡単に。誰でも包丁を研ぐ際の理想的な角度15°を保ちてて、砥石を転がすだけでメンテナンスが完了します。

今回は、お借りしたサンプルで自前の包丁を研いでから、トマトの薄切りや大根の面取りにチャレンジしてみました。

固定して転がすだけで研ぎが完了!

Photo: 山科拓郎

「Diamond Roll Grinder」は、包丁を固定する「研磨ゲージ」と、ダイヤモンド&ステンレス製の砥石が付いた「グリップローラー」からなります。

Photo: 山科拓郎

研磨の方法は非常に簡単です。はじめに、「研磨ゲージ」のネオジム磁石で包丁を固定すると、刃の角度は研磨に適した15°にキープされます。

Photo: 山科拓郎

続いて、「グリップローラー」のダイアモンド面を当てながら、前後にコロコロと転がして刃先を研ぎましょう。転がり具合は非常にスムーズで、砥石を使うのに比べるとメンテナンスがかなり楽だと感じました。

最後に、ステンレス面を当てながら前後に動かし、バリを取れば片側の研磨が完了します。

Photo: 山科拓郎

反対側を研ぐには、包丁を反転して同じ工程を繰り返せばOKです。拍子抜けしてしまうぐらい、簡単ですね。

Photo: 山科拓郎

「研磨ゲージ」の反対側には、小さなアウトドア用ナイフなどもセット可能。包丁と同じく、スムーズに研磨できました。

屋外でハードに使うと切れ味の消耗が早いので、メンテナンスがここまで楽になるのはとてもありがたいですね…!

トマトや大根を試し切り!

無事に研磨が済んだら、切れ味がどれぐらい復活したのかが気になるというもの。

Photo: 山科拓郎

まずは定番、トマトの薄切りにトライしてみたところ、上に掲載したGIF動画の通り、サクサクとカットできました。なんだか、自分の包丁じゃないみたい…!

Photo: 山科拓郎

次に大根のかつらむきも試してみたんですが、くるくると回しながら、面白いように皮がむけるじゃありませんか。なんだか、料理上手になった気分です。

Photo: 山科拓郎

調子に乗って、普段は面倒に感じる面取りにも挑戦したところ、問題なく一周できました。

やっぱり、包丁の切れ味って作業効率に直結します。カットした大根は煮物にしましたが、しっかり煮ても形が崩れず、いつも以上においしく感じられましたよ。

アウトドアナイフも切れ味抜群に!
アウトドアナイフも切れ味抜群に!
Photo: 山科拓郎

テクノロジーやスポーツ、ライフスタイルに関わるプロダクトの世界的アワード、「PLUS X Award」を受賞した経歴を持つ「Diamond Roll Grinder」は、machi-yaでプロジェクトを実施中。

執筆時点では、一般販売予定価格23,800円(消費税込み)のところ、22%オフの18,564円(消費税・送料込み)から支援が可能な状況です。

お気に入りの包丁の切れ味を手軽にキープしたい方は、この機会をお見逃しなく。きっと、いつも以上に料理が楽しくなるはずですよ。

>>砥石の常識を覆す【転がして研ぐ】新感覚の包丁研ぎ器 プロの切れ味をあなたにも

Photo: 山科拓郎

Source: machi-ya