お酒の好みや楽しみ方は人それぞれ。味や香りと並んで、そのお酒にまつわるストーリーに興味がある人も多いのではないでしょうか。歴史あるお酒には、得てして興味深い背景が備わっているものです。今回ご紹介するのは、デンマークの植民地だったセント・トーマス島で発祥のラム酒「A.H.Riise ラム」になります。

180年以上の歴史の中で培われてきたラム酒は、その背景もろとも味わうことでさらに体験が深まります。嗜好品の極みとして、あるいは濃厚な時間を共に過ごすためのコミュニケーションツールとして、自宅の酒棚にストックしておきたいラム酒について、そのストーリーや味の特長を紐解いていきます。

胃の薬が嗜好品に

Image: KINGSBARREL

映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』をきっかけに、ラム酒にハマった方も多いのではないでしょうか。映画の影響もあり、ラム酒といえば海賊ががぶ飲みする豪快なお酒…というイメージがあるかもしれません。「A.H.Riise ラム」については、意外にも元は胃の病気の薬からきているといいます。

1838年当時、デンマーク政府がA.H.Riise(アルバート・ハインリッヒ・リーゼ)をカリブ海セント・トーマス島専属薬剤師に任命。当初胃の薬として創薬したものが味の面で注目が集まり、ついにはラム酒の世界コンテストでメダルを受賞するまでに至りました。

リーゼの流れを汲んで誕生したスピリット企業、A.H.Riise社は、いまもなお極上のラム酒を世に送り届けてくれています。

口に含めば誇りに満ちた気分に

Image: KINGSBARREL

今回クラウドファンディングサイトmachi-yaに登場したのは、「A.H.Riise ラム」3種類。実はラム酒には、海兵の士気を高めていたとの歴史的側面が。「A.H.Riise ラム」に関しても、デンマーク王立海軍と密接に関わるなかで進化を遂げました。

「Royal Danish Navy(ロイヤル・デニッシュ・ネイビー = デンマーク王立海軍)」コレクションのうち、今回オーダー可能なものが「Naval Cadet(ネーバル・カデット = 海軍士官候補生)」になります。

その名の通り、海軍士官候補生協会と協力して開発されたこのブレンドは、甘い蜜と強いアルコールの完璧な調和から、思わず“巨大なブロンズの大砲の前にいる自分”を連想するなんていう話も。口に含めば誇りに満ちた気分に浸れます。

“加えるもののない”極上のバランス

Image: KINGSBARREL

同じくmachi-yaでオーダー可能なのが、「Non Plus Ultra(ノン・プルス・ウルトラ)」シリーズのうちの2種類。ラテン語で“これ以上のものは存在しない、加えるもののない”との意味を持つこのラム酒は、ストレートで味わうことで究極の味が堪能できます。

このフレーズは、ジブラルタル海峡のヘラクレスの柱に、既知と未知の境界を示す警告として記されていたとの伝説があるようです。五感を体験したことのない境地に誘ってくれるラム酒…なんだか飲むのが怖いくらいですよね。

味わいの秘密は成熟した樽にあり

Image: KINGSBARREL

「Non Plus Ultra(ノン・プルス・ウルトラ)」シリーズの味わいの妙を形成しているのが、ブレンドに使用する成熟した樽。内側を通常よりも長く焼き、表面積を大きくすることで奥深くまでブレンドを浸透させているよう。これには技術と知識が欠かせないといいます。

Image: KINGSBARREL

こうしてつくられた「Non Plus Ultra Very Rare(ノン・プルス・ウルトラ・ヴェリー・レア)」と、「Non Plus Ultra Black Edition(ノン・プルス・ウルトラ・ブラック・エディション)」は、クリーミー豊かな味わいとフルーティで複雑な香調、煌びやかな宝石のようなボトルの美しさを提供してくれます。

1人でじっくり、あるいは大切な人とまったりお酒を楽しむ際に「A.H.Riise ラム」があれば、至高のひとときが確約されそうです。


ぜひストレートで楽しみたい「A.H.Riise ラム」は、現在machi-yaで支援を受け付けています。

執筆時点では超早割、通常の販売価格から4,000円OFFでオーダー可能な状況。「Royal Danish Navy Naval Cadet」が12,900円、「Non Plus Ultra Very Rare(ノン・プルス・ウルトラ・ヴェリー・レア)」が21,900円、「Non Plus Ultra Black Edition(ノン・プルス・ウルトラ・ブラック・エディション)」が25,900円(いずれも消費税・送料込み)となっています。

知るほどにハマる「A.H.Riise ラム」についてのストーリー詳細や各ラム酒のテイスティングノートなどが、以下のWebページでご覧いただけます。

>>【何これ?ラム酒ってこんなに美味しいの?】飲む歴史 A.H. Riiseラム

Image: KINGSBARREL

Source: machi-ya