ちゃんと日常点検やっていますか?

車やバイク、あるいは自転車のタイヤは適切な空気圧でないと燃費も悪化し、最悪の場合にには命に関わる事故のリスクがあります。そのため、乗車前の日常点検の項目としても法律で定めらていますよね。

とはいえ、皆さんも忙しいと思いますので今回は手軽に空気圧確認や空気の充填ができる電動空気入れAP01」をご紹介します。

姉妹サイトmachi-yaでお得なキャンペーン中でしたので、ぜひこの機会にチェックしてみてください!

小さくても性能はしっかり

Image: BRIGHT_DIY

「AP01」はドイツの老舗工具メーカー発のポータブル電動空気入れ。

350ml缶と同程度のコンパクトさですが4000mAhのバッテリーを搭載。利用状況にもよりますが、30分〜1時間の連続使用が可能だそう。

Image: BRIGHT_DIY

ジャンル最小クラスというほどではありませんが、片手で扱えるサイズ感で十分コンパクトかと思います。

例えば写真のように自転車用ボトルホルダーにもぴったり収まるようなので、1g単位で軽量化したいガチ勢ロードレーサーの方以外はツーリングなどに持っていくと便利かもしれませんね。

Image: BRIGHT_DIY

表示の単位(PSIとbar)は切り替え可能で最高圧力150PSI(約1034kpa/10bar)まで対応するとのこと。

浮き輪やボールといったアイテムや自転車をはじめ、高い空気圧が必要なバイクや自動車まで対応できますね。

ちなみに自動車タイヤの空気圧はkpa(キロパスカル)表記が多いので、PSI表記やbar表記では困りそうですが心配は無用です。kpaはbarの100倍(230kpa=2.3bar)と覚えておけば大丈夫ですよ。

目からウロコな使い方

Image: BRIGHT_DIY

空気を入れる用途って月に何度もないかもしれませんが、連続して強めの風が出せるのでエアダスターのように使うこともできるそう。

スプレー缶のエアダスターは缶が気化熱で冷えて威力が弱まることも多いので、これは便利かもしれません。

動作音次第ではありますが、筆者的にはこの用途だけでも使ってみたくなりました(笑)。

細かな便利機能も

Image: BRIGHT_DIY

ホースやアタッチメントなどは本体に直接収納できる仕様。

ホースは米式バルブが備え付けになっており、その他仏式バルブボール用針バルブ浮き輪用バルブの計3種類が付属しています。

尚、シティサイクルや通称ママチャリに多い英式バルブには未対応な点にはご注意を。それらの自転車で使いたい場合は米式から英式に変換するアダプターをAmazon等の通販で購入してくださいね。


日々の空気圧チェックも手軽にできるコンパクト電動空気入れ「AP01」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを開始しています。

執筆時点では一般販売価格から20%OFFの8,780円(税・送料込)からオーダー可能でした。

持ち運びやすい電動空気入れを検討中の方は、先行販売期間が終わってしまう前に下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

Image: BRIGHT_DIY
Source: machi-ya