円安による値上げ、ツラい。

Apple製品はそのエコシステムやクオリティの高さからアクセサリー類も純正で揃えたくなりますが、お財布にはちょっと厳しいご時世ですよね……。

一方、皆さんが求める機能を概ね満たす製品はサードパーティからお手頃価格で販売されていることも多いのでアンテナは高く張っておきたいところ。

ということで、本日はクラウドファンディングサイトmachi-yaで掲載中のiPad用多機能スタイラスペンA7Pro」を使ってみたレポートをお届けします。

本家Apple Pencil同様にマグネット充電やちょっと便利な機能もあったので、是非最後までご覧ください。

コスパ高めのiPad用スタイラス

Photo: junior

改めて「A7Pro」はiPadシリーズで利用できるスタイラスペン。

使用時に手の誤作動を防ぐ「パームリジェクション機能」や、手書き文字でのタイピングを行う「スクリブル機能」などにも対応。最低限欲しい機能は備えていますね。

写真はiPad mini 6にA7Proを取り付けた様子
写真はiPad mini 6にA7Proを取り付けた様子
Photo: junior

さらにApple Pencil(第二世代)と同様にマグネット装着と充電にも対応

ケーブル充電は煩わしいので、現行のiPad MiniやAirをはじめとする対応機種であれば本家同様の使い勝手を味わえますよ。

Photo: junior

ペンとして利用するだけであればBluetooth接続無しでも使えますが、「A7 pro」の機能をすべて使いたい場合は接続してください。

Photo: junior

ペンジェスチャ機能でのスクリーンショットやメモ起動等も問題なく利用可能。

ここまで使ってみた感想としては本家とほぼ変わらない使用感でした。

ダブルクリックでAppスイッチャーも可能

Photo: junior

「A7Pro」にはペン頭頂部のボタンでバッテリー残量確認やクリックによるアクションが可能です。

Photo: junior

動作は2種類あり、ボタン長押しで使用アプリからホーム画面へ移動します。ダブルクリックでは起動中のアプリを表示するアプリスイッチャーが起動。

他にもカメラアプリ利用時には遠隔シャッターとしても使えます。細かい機能ですがあると少し便利にはなりますね。

ペン先なめらかで書き心地も上々

Photo: junior

ペン先はApple純正のチップにも対応していることもあり、書き心地は悪くないですね。

Photo: junior

実際に文字を書いてみた様子がこちら。滑らかにペンが走っているのが伝わりますでしょうか?

「A7Pro」には傾き検知機能があるので若干の線の強弱は作れます。ただ、Apple Pencilのような精度の高い筆圧検知はないので表現に変化をつけたい場合には物足りないのは事実。

イラストなどを書く場合には不向きですが、本家より手頃に手書きや操作ができればOK!ということであれば十分に使えるスタイラスかと思います。

黒が選べるのが魅力的

Image: TOTAL TRADE JAPAN

カラーラインナップは白と黒の2色展開。

Appple Pencilは白のみなので黒が選べるのは魅力的だと思いました。スペースグレーのiPadや黒色レザーケースと合わせて使うと引き締まって良さそうですよ。


マグネット充電にも対応するコスパ高めなiPad用スタイラス「A7Pro」は現在、クラウドファンディングサイトmachi-yaにてお得なキャンペーンを実施中。執筆時点では本体単品が27%OFFの7,280円(送料・税込)からオーダー可能でした。

交換用ペン先やワイヤレス充電非対応の方向け充電器、ペーパーライクフィルムなどのオプションも充実していましたよ。

気になった方は下のリンクから詳細をチェックしてみてください!

Photo: junior
Image: TOTAL TRADE JAPAN
Source: machi-ya, YouTube