バックパック、ショルダーバッグ、トートバッグの3WAYで、シーンに応じて使い分けられるバッグが気に入っている方も多いと思います。

そんな便利な3WAYバッグも、デザインや機能性などはピンキリ。machi-yaに登場した「a'want(エーワント) 3WAYデイリーバックパック」は、外観、機能ともにシンプルにして、とても実用性の高いプロダクトとなっています。

洗練されたデザインの中に、使いやすさにつながる工夫がさりげなく盛り込まれたデイリーバッグの魅力を紐解いていきます。

スリムな見た目によらず収納力が高い

Image: 株式会社minime

「a'want 3WAYデイリーバックパック」を一目見た段階では、まずそのスリムなフォルムに好感を抱くのではないでしょうか。

モノを収納してみると、今度はその容量に驚くはずです。小柄な女性が違和感なく持てるこのバッグは、15インチノートPCが余裕で入る収納空間を備えています。

スーツにマッチし、仕事でも使いたい「a'want 3WAYデイリーバックパック」。日々必要なPCや書類が、スッキリと収まるのは嬉しいところです。

Image: 株式会社minime

コンパートメントは3つに区分けされていて、見るからに使いやすそうです。書類や小物、PCなんかを分けて収納できて、整理がはかどりそう。底面に備わった束稿板がバッグの型崩れを防いでくれると同時に、置いたときの衝撃緩和にも働きます。

実は中央のコンパートメントが、取り外し可能なポーチになっていて、単体でもおしゃれに活用できます。

軽いバッグをお探しの方にもおススメ

Image: 株式会社minime

持ち運びの負担を軽減する目的で導入した3WAYバッグも、バッグ自体の重さがネックになることがよくあります。

その点「a'want 3WAYデイリーバックパック」の重さは527gとなっていて、ペットボトル飲料を持っているのと変わらないほど軽量です。肩や手へにバッグが食い込むのはつらいですがこのバッグなら軽快に持ち運べて、荷物が軽くなったぶん日常の気分まで軽くなりそうです。

Image: 株式会社minime

バックパックや肩掛けで用いるストラップは普段はバッグの中に収納。必要なときに取り出して3秒でセットできます。ストラップの長さは4段階(64~89cm)で調節可能です。

持ち手の長さに余裕があるため、スーツケースのハンドルにも引っ掛けられる仕様となっています。

移動中の振動でバッグが開いて、荷物をぶちまけてしまうようでは困りもの。その点も「a'want 3WAYデイリーバックパック」ではしっかり考慮されています。フラップを閉じる際は強力マグネットでピタッとくっつき、不用意にバッグが開かないようキープしてくれます。

キズや汚れにも強いのできれいな見た目が長持ち

Image: 株式会社minime

この3WAYバックを製作したa want’は、おしゃれで使い勝手に優れたバッグ作りを目指す韓国のメーカー。「a'want 3WAYデイリーバックパック」は、25年間バッグ製作に携わってきたブランドエンジニアが手掛けた逸品です。

ひとつひとつ丁寧に、職人の手で製作。素材選びにも、使いやすさにつながるこだわりが見られます。

バッグ外側には耐久性に優れたファブリックを採用。キズがつきにくいので清潔感のある見た目を長期間保てるでしょう。バッグ内側、外側ともに水をはじく素材を採用していて、ドリンク漏れなどの汚れにも強くなっています。

Image: 株式会社minime

カラーバリエーションは、キャメル/ブラック/クリームの3色。ナチュラルな雰囲気ながら高級感漂う「a'want 3WAYデイリーバックパック」は、幅広い服装に合わせられそうです。


3つのスタイルが使い分けられる「a'want 3WAYデイリーバックパック」は、現在machi-yaで支援を受け付け中。執筆時点では【超早割 30%OFF 100名様限定】一般販売予定価格17,800円のところ12,460円(消費税・送料込み)とお得にオーダー可能な状況です。シンプルに使えて実用性も高いバッグをお探しの方、この機会をお見逃しなく!

本記事では紹介しきれなかったプロダクトの魅力やブランドのストーリーが、以下のWebページにてご覧いただけます。

>>バッグパック・ショルダーバッグ・トートバッグに使える3WAYデイリーバックパック

Image: 株式会社minime

Source: machi-ya