全てのチューブ入り製品で使いたい。

全部使い切りたいのに、ほんの少し中身を残したままで捨てないといけないチューブ入り製品は、生活の中のちょっとしたストレス要因ですよね。

こうしたチューブ専用のしぼり器もありますけど、めったに使わないのでどこに片付けたか忘れてしまったりして。

ローリングチューブ歯磨き粉スクイーザー』は、歯磨きペースト用のスタンド兼しぼり器。

毎日、適量だけしぼり出す時にもちょっと楽チンになれるという、ユニークなアイテムですよ。

幅は約7cm。スタンド一体型だから使い勝手が良い

20200718_squeezer_01
Image: Amazon.co.jp

気になる点は、チューブ単体で立てておくより少々スペースを取ってしまいそうなところ。

でもこの問題をクリアできるなら、使い勝手をレベルアップしてくれるのは間違いないでしょうね。

20200718_squeezer_02
Image: Amazon.co.jp

幅は約7cmということなので、130~140g前後の一般的な歯みがきペーストにピッタリのサイズ感です。

使い方は簡単。チューブの端をカラフルな芯の溝にはめて、白い本体に横から滑らせるように入れたらセット完了。

つまみを少しずつ回していけば、チューブから歯磨きペーストが出てきます。

20200718_squeezer_top
Image: Amazon.co.jp

歯みがきは毎日のルーティーンなので、ほんのちょっとの手間が省ければ、それだけで十分に有意義なんですよね。

スペース的には厳しそうですけど、冷蔵庫にも置き場所を確保できるなら、練りワサビなどにセットしておくのも便利そうですよ。

あわせて読みたい

お手入れ簡単でコンパクトな野菜カッターをレビュー【今日のライフハックツール】

お手入れ簡単でコンパクトな野菜カッターをレビュー【今日のライフハックツール】

モニターとキーボードのわずかな隙間に収まる、手書きメモの生産性が上がるメモボード【今日のライフハックツール】

モニターとキーボードのわずかな隙間に収まる、手書きメモの生産性が上がるメモボード【今日のライフハックツール】

紙でも電子でも“持ち疲れ”を感じない読書グッズ【今日のライフハックツール】

紙でも電子でも“持ち疲れ”を感じない読書グッズ【今日のライフハックツール】

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp