いま、自然を満喫しながら過ごすキャンプが大人気。その影響からか、キャンプ用品が防災グッズとしても役立つことが広く知られるようになりました。なかでも、ポータブル電源は災害時やキャンプには欠かせないアイテム

そこで、非常時&日常的に活躍するポータブル電源の活用法について、『Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 708』を実際に使いながら考えてみました。

災害時に多用途で活用できるJackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット

もし、災害などで自宅が停電してしまったら…

照明の明かりが消えてエアコンや冷蔵庫、テレビが使用不能に。電子レンジや電気ケトルなど、家電調理器も使えなくなってしまいます。

そう考えると、日常生活に欠かせない電気が使えなくなる不安と怖さを感じますよね。

そこでまず、ポータブル電源が災害時の電力としてどこまで使えるのか、Jackery ポータブル電源 708とソーラーパネルJackery SolarSaga 100がセットになった、Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 708を実際に試しながら考えてみました。

Jackery ポータブル電源 708 主要スペック

・容量:708Wh

・定格出力:500W

・瞬間最大出力:1000W

・出力ポート:AC(100V)×2、USB(USB-A、USB-C、QC3.0)、シガーソケット(12V)

・入力ポート:DC

・充電時間:DC入力ポート(180W対応)の場合は約5時間

・サイズ:横299.7×奥行き191.5×高さ190.5mm

・重量:6.8kg

安全第一。火を使わずに暖を取りながら料理をしてみた

防災対策として非常食を常備している家庭は多いかと思います。湯煎して食べるタイプが多いので、お湯さえ沸かすことができれば、手間と時間をかけずに食べることができます。

そこで試してみたのが、非常食を食べて買い足す「ローリングストック」の実践。

Jackery ポータブル電源 708なら、最大500W(瞬間最大出力1000W)までの家電調理器に対応しているので、キャンプで重宝するマルチクッカーや電気ケトルでの湯沸かしや湯煎も簡単にできました。

もちろん、火を使って湯を沸かすこともできますが、停電時の屋内で使用することを想定すると、ポータブル電源を使った方が、二酸化炭素の排出や万一の火災などを予防することがないので、心理的にも安心です。

今回のメニューは、ご飯とレトルトカレーを湯煎したカレーライスと、フリーズドライのスープ、缶詰のサラダ。

温かいものを食べていると、心まで温まる気がしてきますが、カラダを温かくすることで体温を下げず、免疫力の低下を防ぐ効果も期待できます

また、寒いと感じたら、電気毛布をJackery ポータブル電源 708につなげば、暖を取りながらの食事も。ちなみに、電気毛布1枚(55W)なら約10時間稼働できるので、就寝時にも活用できそうですね。

防災ツールのバッテリー切れを抑える

災害時に欠かせないのが最新情報の入手。スマホは有効なツールですがバッテリー切れは最大の心配事です。

でも、Jackery ポータブル電源 708なら、スマホ(18W)に約40回の充電が可能。

AC100VコンセントやUSBポート、シガーソケットから手軽に給電できるので、夜間照明として役立つ充電タイプの懐中電灯やLEDランタン、多機能ラジオなど、必須の防災ツールがバッテリー切れした場合でも容易に充電できます。

また、Jackery ポータブル電源 708のUSB出力ポートは、USB-CがPD 60W出力に対応USB-Aの1つがQuick Charge3.0を搭載しているので、対応するデバイスなら急速充電ができ、いざというときにも安心です。

停電が続いてもソーラーパネルがあれば安心

多用途で活用できるポータブル電源ですが、唯一の心配はバッテリー消費。停電など災害時の生活が続けばなおさらです。

しかし、Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セットなら、太陽光を利用したソーラーパネルJackery SolarSaga 100から最大100WでJackery ポータブル電源 708に充電ができるので安心。折りたたみ式なのでかさばらず、軽量なので持ち歩いて移動・設置することも手軽にできます。

※Jackery SolarSaga 100は、一般社団法人防災安全協会から「災害時に必要とされ安全安心と認められる」防災製品等推奨品に登録されているソーラーパネル。Jackery ポータブル電源の全シリーズに対応しています。

Jackery SolarSaga 100 主要スペック

・最大消費電力:100W

・USB-A出力:5V/2.4A

・USB-C出力:5V/3A

・充電時間:Jackery ポータブル電源 708の場合は約11時間

・収納サイズ:横610×高さ535×奥行き35mm

・展開サイズ:横1220×高さ535×奥行き5mm

・重量:約6kg

実際に自宅の駐車場と庭でJackery ポータブル電源 ソーラーパネル セットを使ってみましたが、セットアップがとても簡単で、すぐにJackery ポータブル電源 708に充電することができました。

というのも、以下のたった2ステップでセットアップができるからです。

  1. 2つ折りのソーラーパネルを広げ、裏側にある自立スタンドを出して太陽光に向けるだけで設置完了。
  2. 収納ポケット内にあるDCケーブルを取り出してJackery ポータブル電源 708のDC入力ポートに挿すだけで充電が開始。

ソーラーパネルは太陽光に向けることが重要なので、自立スタンドのほかにも壁面に立てかけたり、四隅にあるフックホールにS字フックや紐などを通してベランダなどにある物干し竿に取り付けるなど、場所や陽差しの向きに合わせて設置方法をアレンジできるのも便利ですね。

また、DCポート以外にも、給電用のUSB-A(最大2.4W)とUSB-C(最大3A)のポートがあるので、ソーラーパネルからスマホやタブレットに直接充電することもできます。

災害時の練習になる? 庭キャンプを楽しんでみた

これまで紹介してきたとおり、Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット708は、自宅にあるコンセントと同じように、さまざまな家電機器を使ったり、デバイスの充電に使うことができます。

では、日常的に楽しむキャンプではどのような活用法があるのか、災害時の練習を兼ねて自宅の庭でソロキャンプをしてみました。

用意したのは、火力調節付きIHクッキングヒーター、ホットサンドメーカー、マルチクッカー、電気ケトルなど。

Jackery ポータブル電源 708は、消費電力が500W以内の家電機器であれば問題なく使用でき、最大1000WのIHクッキングヒーターでも火力調節を500W以内に設定することで使うことができました。

キャンプで調理する場合、1つの機器を1時間以上使うことは少ないので、まずマルチクッカーで湯を沸かして湯煎しながらホットサンドやハンバーグの具材を下ごしらえ。

次にマルチクッカーの電源をオフにして余熱で湯煎を続けながら、IHクッキングヒーターでハンバーグを焼き上げ、最後にホットサンドメーカーでホットサンドをつくり、仕上げにハンバーグにソースをかけて再加熱するなど、手順を効率よくやりくりすることでキャンプならではの楽しみ方を感じることもできました。

また、Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セットは、ソーラーパネルからポータブル電源に充電しながら電源を機器類に供給できるパススルー充電に対応しているので、調理している間も電力が極端に減ることがなく、機器類を使用しない食事中はずっと充電し続けてくれました。

これはポータブル電源とソーラーパネルのセットならではの活用法で、大きなメリットだと実感しました。

食後は電気ケトルで湯を沸かしてコーヒーを淹れ、チェアに座ってのんびりとした時間を楽しみました。

スマホとBluetooth接続したポータブルスピーカーで音楽を聴きながら、キャンドルタイプのLEDライトで炎の揺らぎを感じつつ、電子書籍を読む。

自宅の庭でありながらキャンプ場にいるかのような雰囲気でリフレッシュすることができました。

用途で選べるJackeryのソーラーパネルセットは5種類

さて、 Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 708と一緒に災害などの非常時とキャンプなどの日常的な活用法について、実際に試しながら考えてきましたが、いかがでしたか?

いずれのシーンでも快適に活用できましたが、もっと大容量のポータブル電源で家電機器などをフル活用してみたい方、もっとコンパクトなポータブル電源からはじめてみたい方もいることでしょう。

Jackeryでは、電源供給の容量が異なる「Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット」が5種類用意されています。

Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット

・Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 1500

容量:1534Wh/定格出力:1800W/重量:約16kg

・Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 1000

容量:1002Wh/定格出力:1000W/重量:約10.6kg

・Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 708

容量:708Wh/定格出力:500W/重量:約6.8kg

・Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 400

容量:403Wh/定格出力:200W/重量:約4.1kg

・Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 240

容量:241.9Wh/定格出力:200W/重量:約3.1kg

バリエーションが豊富なので、家族の人数や使用する機器、用途などを考えた上で最適なモデルを選んでみましょう。


今回は、停電などで電力を失った非常時でも、キャンプをはじめとした日常的なシーンでも、Jackery ポータブル電源 ソーラーパネル セット 708がさまざまな用途で活用できることがわかりました。

あなたのライフスタイルを安心と快適の両面でサポートしてくれる万能ギアとして、家に常備してみてはいかがですか。

Source: Jackery Japan(1, 2, 3, 4

Photo: 小原啓樹