Macでホットコーナーを使い始めると、「なぜもっと早く使わなかったんだろう」と思うかもしれません。

馴染みがない人のために説明すると、ホットコーナーとは、画面の隅にマウスを移動させ、さまざまな機能を起動させること。これを利用して、生産性を高めることができます。

iPadユーザーがホットコーナーを使うと、ワークフローが楽にこなせるようになり、iPadを最適化して生産性を高められます。この記事では、iPadでホットコーナーを有効にする方法を説明します。

※ホットコーナーは、iPad用のBluetoothマウスかトラックパッドがある場合にのみ機能します。

iPadでホットコーナーを使うには

1. Bluetoothマウスを設定する

ホットコーナーはマウスでしか使えないので、まずiPadにBluetoothマウスやトラックパッドをセットアップする必要があります。

新しいBluetoothマウスやその他のポインターデバイスを有効にするために、「設定」→「アクセシビリティ」→「タッチ」→「AssistiveTouch」と進み、「デバイス」までスクロールします。

ここをタップしてデバイスを接続したら、デバイスがペアリングモードになっていることを確認して、接続できるようにしましょう。

hc2
Image: MakeUseOf

2. ホットコーナーを有効にする

ホットコーナーを有効にするには、「設定」→「タッチ」→「AssistiveTouch」と進み「滞留コントロール」をタップしてオンにします。この設定をしないとホットコーナーが正しく動作しません。

hc3
Image: MakeUseOf

次に、下にスクロールして「ホットコーナー」をタップ。ここで、iPadの各コーナーを設定するためのオプションが表示されます。

ホットコーナーを使用するために、希望するコーナーのカスタムファンクションを追加します。1つのコーナーを設定することも、4つのコーナーすべてを設定することも可能です。

ここには多くのオプションがあり、「ショートカット」アプリを使ってさらに多くの機能のショートカットを作成することもできます。

hc4
Image: MakeUseOf

ホットコーナーを快適に使うポイント

ホットコーナーを設定したら、ホットコーナーがうまく機能するように、マウスを少し調整しましょう。

AssistiveTouch」の設定では、ホットコーナーを有効にするまでの秒数を設定できます。

最初は2秒で設定することをおすすめします。数値を上げたり下げたりして、自分に合うと感じるところを見つけてください。

ホットコーナーが有効になったら、それに合わせてマウスの設定をいくつか変更する必要があるでしょう。「AssistiveTouch」の設定でも、「動きの許容範囲」を変更することができます。

hc5
Image: MakeUseOf

ホットコーナーには「よく使うアプリ」を

ホットコーナーの使い方を知るには、自分がどのアプリを最もよく使うか把握する必要があります。

設定」→「スクリーンタイム」→「すべてのアクティビティを見る」を選択し、スクロールダウンすると、最もよく使うアプリが表示されます。

hc6
Image: MakeUseOf

最も良く使うアプリをもっと使いやすくするために、ホットコーナーを設定することを考えてみましょう。

たとえば、頻繁にカレンダーを開いたり、メールを送信したりするなら、コーナーを設定して、そういったアプリを開くようにすれば、1日中時間を節約できます。

カスタムアプリを開くには、「ショートカット」アプリでショートカットを作成し、そのカスタムショートカットをホットコーナーに追加します。

また、カレンダーで新しいイベントを作成するなど、そのアプリでよく使う機能のショートカットを作成することもできます。

iPadのホットコーナーは役に立つ?

ホットコーナーは、Macでは非常に便利な機能です。iPadでも、有効にして正しく使えば、生産性を高めることができます。

iPadでホットコーナーを使うことに慣れるには時間がかかるかもしれませんが、学校や仕事でiPadを使っている多くの人にとっては、それだけの価値があります。

ただし、ゲームや遊びにiPadを使用する人にとって、ホットコーナーを活用できる機会はあまりなく、逆に邪魔に感じるかもしれません。

Image: Shutterstock

Original Article: How to Use Hot Corners on Your iPad to Boost Your Productivity by MakeUseOf