AirPodsの最高な機能といえば、何もしなくてもAppleデバイス間で素早く切り替えてくれるところです。

たとえば、Macで音楽を聴いている時にiPhoneで動画が見たい場合、動画を流せば、AirPodsは自動的にiPhoneに切り替わります。

もちろん、これが余計だと思う時もあります。しかし、うれしいことに、数タップでAirPodsが自動でデバイスを切り替えないようにすることもできます。

AirPodsが自動でデバイスを切り替えないようにする方法

やり方を説明する前に、AirPodsが手元にあるかを確認してください。設定を変更するには、AirPodsに接続する必要があります。確認したら、以下の手順にしたがってください。

  1. AirPodsをAppleデバイスに接続する。
  2. 設定アプリを開く。
  3. AirPodsの右側にある「i」のアイコンをタップする。
  4. このiPhoneに接続」を選ぶ。
  5. このiPhoneに前回接続していた場合」をタップする。
AirPodsの設定画面

これで、AirPodsの接続がAppleデバイス間を行ったり来たりしなくなります。再度、AirPodsが自動切り替えをするようにしたくなったら、上記の手順を繰り返し、「自動」を選ぶだけです。

自動切り替えに対応しているAirPods

ほとんどのAirPodsが自動切り替えに対応していますが、設定にこの機能が表示されない場合は、そのAirPodsは対応していないということです。

自動切り替えに対応しているAirPodsは以下の通りです。

  • AirPods(第2世代)以降
  • AirPods Pro
  • AirPods Max

ご覧の通り、第1世代のAirPods以外のすべてのAirPodsが、この機能に対応しています。

もう自動切り替えでイライラしない

これで、AirPodsが自動的に切り替わることはなくなります。

AirPodsの接続を切り替えたい時は、手動か自動かを選ぶことができるので、もうこの機能に悩まされることはありません。

また、AirPodsに他に問題がある場合も、おそらく自力で修正できると思います。


Original Article: How to Stop AirPods From Switching Between Apple Devices by MakeUseOf