Apple Watch上のアプリは、これ以上ないほどに管理が簡単です。

そして、何よりも嬉しいのは、iPhoneからでもApple Watch上でもあれこれ操作できること。

では、詳しく説明していきましょう。

Apple Watch上でアプリをインストールする

iPhoneにあるアプリで、watchOS版もリリースされている場合は、すべてApple Watchに自動インストールされるように設定することができます。

けれども、Apple Watch上でアプリを検索するほうが、簡単かもしれません。

驚くなかれ、Apple WatchではApp Storeを開くことができます

好きなアプリを検索してインストールする作業がすべて、Apple Watch上で完結するのです。

なお、お望みなら、Apple Watch上のアプリはあとで削除できるので、ご安心ください。

【Apple Watch上でアプリをインストールするには】

  1. Apple Watchの[Digital Crown]を押します。
  2. [App Store]のアイコンを選択します。
  3. 使いたいアプリを検索します。
  4. [入手]をタップします。
  5. アプリのインストールを完了するためには、パスコードかパスワードを入力する必要があるかもしれません。
AppleWatchでのアプリダウンロード
Image: MakeUseOf

これで完了です。新しくインストールしたアプリは、ホーム画面上に自動で追加されます。

Apple Watch上のアプリの表示形式を変更する

初期設定では、Apple Watchのホーム画面上にアプリがグリッド表示されます。見やすいのは確かですが、誰もがグリッド表示を好むとは限りません。幸い、アプリを並べ替えて、リスト表示に変更することができます

【Apple Watch上で、アプリを「グリッド表示」か「リスト表示」に変更するには】

  1. [Digital Crown]を押します。
  2. ホーム画面をタッチして押さえたままにし、メニューを開きます。
  3. [グリッド表示][リスト表示]のいずれかをタップします。
AppleWatchの画面表示例
Image: MakeUseOf

【iPhoneで、Apple Watchのアプリを「グリッド表示」か「リスト表示」に変更するには】

  1. iPhoneで[Watchアプリ]を開きます。
  2. [マイウォッチ]タブを開きます。
  3. [App表示]をタップします。
  4. [グリッド表示][リスト表示]のいずれかを選択します。
iPhoneからのAppleWatchの画面表示変更
Image: MakeUseOf

これで、Apple Watchのアプリは、選択した表示形式に自動で変更されます。説明した手順に従えば、表示をいつでも前の状態に戻すことが可能です。

グリッド表示されたアプリを並べ替える

グリッド表示にした場合は、各アプリを手動で好きな位置に並べ替えることができます。とても簡単なうえに、iPhone上でもApple Watch上でもできる作業です。

【Apple Watch上でアプリを並べ替えるには】

  1. [Digital Crown]を押します。
  2. [ホーム画面]をタッチして押さえたままにします。
  3. [Appを編集]をタップします。
  4. 並べ替えたいアプリを押さえたまま、好きな位置にドラッグします。
  5. 並べ替えが終わったら、[Digital Crown]をもう一度押してください。
AppleWatchのアプリ並べ替え
Image: MakeUseOf

【iPhoneでApple Watchのアプリを並べ替えるには】

  1. iPhoneで[Watchアプリ]を開きます。
  2. [マイウォッチ]タブを開きます。
  3. [App表示]をタップします。
  4. グリッド表示の場合は、画面下部の[配置]をタップします。
  5. 並べ替えたいアプリを押さえたまま、好きな位置にドラッグします。
iPhoneからのAppleWatchのアプリ並べ替え
Image: MakeUseOf

これで並べ替えは完了です。アプリをかなりスムーズに、あちこち好きな場所へ移動できます。

リスト表示のほうが好きな方には残念ですが、その場合はアプリの順序を入れ替えることはできず、アルファベット順に並べられます

Apple Watch上の各アプリの使用容量を確認する

お使いのApple Watchがどうでもいいデータでいっぱいになっているような気がするときは、アプリが容量を大量に使っている可能性があります。

でも大丈夫。Apple Watch上で、各アプリの使用容量を手早く確認しましょう。そのあとは、アプリを削除したり、確認した内容に応じて容量を空けることが可能です。

【Apple Watch上でアプリの使用容量を確認するには】

  1. [Digital Crown]を押します。
  2. [設定]を開きます。
  3. [一般]をタップします。
  4. 下にスクロールして、[使用状況]を選択します。
AppleWatchのアプリの使用容量確認
Image: MakeUseOf

【iPhoneでApple Watchのアプリの使用容量を確認するには】

  1. iPhoneで[Watchアプリ]を開きます。
  2. [一般]をタップします。
  3. 下にスクロールして、[使用状況]を選択します。
iPhoneからのAppleWatchのアプリの使用容量の確認
Image: MakeUseOf

すると、Apple Watchに残っている容量と、どのアプリがいちばん容量を使っているのかを確認できます。

Apple Watchのアプリをラクラク管理

紹介した操作をぜひお試しください。Apple Watch上のアプリを管理するのは驚くほど簡単です。

アプリの使用容量の確認であれ、新しいアプリのインストールであれ、アプリの並べ替えであれ、Apple WatchとiPhoneの両方で操作することができます。

もちろん、Apple Watchの使い道はそれだけに限りません。Apple Watchを大いに活用して、生産性の向上にも挑戦してくださいね。

Original Article: How to Manage and Rearrange Your Apple Watch Apps by MakeUseOf