iPhone、iPad、Macをきっかけに、AirPods Proもベータ版が更新されるAppleデバイスに仲間入りしました。

Appleは、AirPods Proのベータ版の更新を定期的にリリースする予定です。このベータ版は、Appleの開発者アカウントを使用している人なら誰でもインストールできます。

ベータ版では、今後一般的にリリースされる予定の機能に一足先にアクセスできます。

つまり、AirPods Pro初のベータ版で、FaceTime通話の「声を分離」モードと空間オーディオ機能を試してみることができます。

インストールするには、iOS 15 Developer Beta3以降とXcode13 Beta3を実行しているMacが必要です。

また、いったんインストールすると、何か問題が発生しても、AirPods Proのファームウェアをもとのバージョンに戻すことはできないので、その点に注意しましょう。

バグを修正するには、次の更新がリリースされるまで待たなければなりません。

AirPods Proのベータ版プロファイルをiPhoneにインストールする方法

iOS 15の開発者向けベータ版を既にインストールしていると、ベータ版プロファイルをインストールするのも簡単です。

  1. iPhoneで、Appleの開発者サイトの「ダウンロード」セクションに行きます。
  2. ログインしたら、「ダウンロード」セクションの横にあるドロップダウンアイコンをタップして、「その他」を選択します。
  3. AirPods Proベータ」セクションを見つけて、「詳細の表示」ボタンをタップします。
  4. iOSAirPodsProSeed.mobileconfig」プロファイルを選択し、「許可」ボタンをタップしてインストールします。
  5. 設定」アプリを開き、上部から「ダウンロードされたプロファイル」をタップし、「インストール」を選択して、デバイスにプロファイルをインストールします。 デバイスのパスコードを入力して認証します。
  6. もう一度「インストール」をタップし、最後に「完了」ボタンをタップするとインストールのプロセスが完了します。

Xcodeを使用してAirPros Proベータ版の更新を有効にする

これでAirPods Proのベータ版プロファイルがiPhoneにインストールされましたが、実際にベータ版の更新をインストールするプロセスは、iOSやiPadOSの他の開発者向けベータ版とは異なります。

MacでXcodeを使用することになりますが、これは認証のためだけです。予め、最新のXcodeベータ版(Xcode 13 Beta 3)を実行していることを確認してください。

  1. まず、AirPodsをiPhoneに接続し、次にiPhoneをMacに接続します。
  2. MacでXcodeベータアプリを起動します(このアプリに関しては、あとは何もする必要はありません。開くだけです。)
  3. iPhoneで、「設定」アプリを開き、「開発者」セクションに行きます。
  4. ページの一番下までスクロールし、「プレリリースのベータ版ファームウェア」を選択します。
  5. ペアリングされたAirPods Proが上部に表示されるので、その横にあるトグルをタップして、AirPods Proのベータ版ソフトウェアの更新を有効にします。「同意する」ボタンをタップしてAppleの利用規約に同意したら完了です。

更新を開始するには、AirPods Proをフル充電し、iPhoneに接続して、キャリングケースのヒンジを閉じます。

ファームウェアが実際に更新されているかどうかを確認するには、「設定」→「Bluetooth」と進み、AirPods Proの横にある「i」ボタンをタップして、ファームウェア番号を確認します。

AirPods Proのベータ版ファームウェアを削除する方法

ファームウェアの更新をもとに戻すことはできませんが、ベータチャネルを終了して、安定した更新がリリースされるのを待つことはできます。

AirPods Proのベータ版プロファイルをデバイスから削除する方法は、「設定」アプリを開き、「一般」→「プロファイルとデバイスの管理」→「AirPods Proファームウェア・プロファイル」と進み、ここで、「プロファイルの削除」をタップします。


Source: Apple