ついに、Googleマップでもダークモードが使えるようになりました!

iOSのすべてのアプリをダークモードで使いたい人には朗報です。

2021年9月、Googleは、iOSのGoogleマップに搭載される多くの機能を発表しましたが、ダークモードもこれに含まれています。

この記事では、iOSのGoogleマップでダークモードを有効にする方法をご紹介しますね。

iOSのダークモードとは?

dark2
Image: MakeUseOf

Googleマップは、ダークモードに対応するのが遅れていましたが、少なくともiOSユーザーに関しては、ようやく追いつきました。

Googleマップは、夜間の運転中に使用する可能性が高いアプリで、ダークモードはとても理にかなっています。

また、正直なところ、夜間の運転時にライトモードでアプリを使用するのは変ですし、安全でない感じがするときもありますね。

iOSのGoogleマップでダークモードを有効にする方法

iPhoneでGoogleマップのダークモードを有効にする手順は以下の通りです。簡単でわかりやすいでしょう。

  1. まず、Googleマップが最新バージョンにアップデートされていることを確認します。Appストアで検索するとアップデートできます。
  2. iPhoneでGoogleマップアプリを起動し、画面右上のプロフィール写真をタップします。
  3. 画面を下にスクロールして「設定」をタップし、「マップを使用」の項目にある「ダークモード」をタップします。
  4. ここで、「オン」または「デバイスの設定と同じ」のどちらかをタップします。後者は、iOSの設定で有効になっている内容に応じて、ダークモードのオン/オフを自動的に切り替えます。
dark3
Image: MakeUseOf

iOSのGoogleマップでダークモードが重要な理由

スマホのユーザーは、ダークモードとライトモードをめぐって意見が分かれることが多いのですが、ダークモードを好むユーザーが多いことは間違いありません。

そのため、Googleマップのようなメジャーなアプリがダークモードに対応することは、非常に大きなことです。

また、Googleマップにダークモードを有効にするオプションがあると、夜間にアプリを開いて運転しているときや、不安や危険を感じる場所で便利ですね。


Original Article: How to Enable Dark Mode for Google Maps on an iPhone by MakeUseOf