AirPodsをMacに接続するのは、はじめて設定するときでもそれほど難しくはありません。

iPhoneに接続するよりは手間がかかりますが、それでも簡単です。

いずれにせよ、AirPodsやAirPods ProをMacに迅速に接続する方法と、AirPodsをあるデバイスから別のデバイスに簡単に切り替える方法を紹介します。

AirPodsをはじめてMacに接続するときの設定方法

MacでAirPodsやAirPods Proをまだ使ったことがない場合は、まずその2つのデバイスをペアリングする必要があります。これは、iMacやMacBook、Mac miniなどどんなタイプのMacに接続する場合でも同じです。

AirPodsがすでにMacに接続されているかどうかを確認する方法

すでにiPhoneでAirPodsを使っているなら、Macと自動的にペアリングされている可能性があります。これは、iPhoneとMacがAppleのHandoff機能で互換性があり、それらのデバイスで同じAppleIDアカウントを使用している場合にだけ起こります。

次の方法で、AirPodsとMacが接続されているかを確認しましょう。

1. Macのメニューバーから「コントロールセンター」を開きます。

2. コントロールセンターの「サウンド」セクションにマウスを合わせ、右向きの矢印をクリックします。

3. 「出力」オプションのリストにAirPodsがあれば、クリックしてMacに接続します。 接続する前に、AirPodsを充電ケースから出しておくのを忘れないように。

Image1

AirPodsとMacをペアリングする方法

AirPodsが出力のリストに表示されていない場合には、まだMacに接続されていません。

ですから、AirPodsとMacをペアリングする必要があります。 そのプロセスは、AirPodsをApple以外のデバイスにペアリングする場合と同じです。

AirPodsまたはAirPods Proをペアリングする手順です。

1. AirPodsを充電ケースに戻しますが、蓋は開けたままにしておきます。

2. ステータスランプが白く点滅するまで、ケースの背面にある設定ボタンを押し続けます。ライトが点滅するまで押すと、AirPodsはペアリングモードになります。

3. MacでメニューバーのAppleロゴをクリックして、「システム環境設定」>「Bluetooth」に移動します。

4. AirPodsが装置リストに表示されます。そうならない場合には、MacのBluetoothのオンとオフを切り替えます

5. AirPodsの横の「接続」をクリックしてペアリングします。

Image2

それでもAirPodsをペアリングできない場合は、macOSをかならず最新バージョンにアップデートしてください。

AirPods(第3世代)は、macOS Monterey以降でなければ作動しません。

AirPodsをMacに自動的に切り替える方法

AirPodsとMacを接続してしまえば、使うたびに自動的にMacに切り替わります。つまり、AirPodsを装着してMacで音楽の再生をするだけで自動的に接続されるのです。

このプロセスは自動で行なわれるので何もする必要はありませんが、iPhoneなどほかのデバイスですでにAirPodsを使用している場合には、Macに表示される通知で「接続」をクリックしてください。

Image3

AirPodsで最高の音質を得るために

いかがでしたか。簡単だったと思います。

通常、AirPodsはMacに自動的に接続されるのでAirPodsを装着して音楽を再生するだけでOKです。ただし、もし自動的に接続されない場合には、AirPodsを手動でペアリングして、オーディオ出力オプションからAirPodsを選択してください。

そしてAirPodsの音質をできるだけ向上させれば、いっそう充実した視聴体験ができます。


Original article: How to Connect AirPods or AirPods Pro to a Mac by MakeUseOf