最後にヤカンの中を確認したのはいつでしょうか?

ヤカンは、お気に入りのジーンズのごとく、洗わなくてはならない状態になるまで長い間使うことができます。

というわけで、この機会にヤカンの内部を洗いましょう。

キッチンにあるものを使って洗うことができます。

ヤカンの内部はどのくらい汚れている?

ヤカンというのは水を沸かすだけですから、内部はそんなに汚れません、よね?

ヤカンを洗わないまま数週間以上使っていると、内部にはミネラル沈着物が蓄積しているのがわかるかもしれません。

それはおそらく流しやバスルームのタイルのまわりにこびりつく白いチョークのような堆積物と同じ石灰スケールです。

American Home Water and Air(AHWA)社によると、石灰スケールというのは硬水に含まれるカルシウムイオンと炭酸イオンだそうです(AHWAの硬水と軟水の定義はこちら)。

また、数日間(または数週間)水をヤカンにいれたままにしておくと、サビが発生する可能性もあります。

ありがたいことに、ヤカンを新品同様に戻すために簡単かつ迅速な洗浄方法があります。粉末クエン酸で電気ポットを洗う方法については以前説明しました。

次に挙げるのは、『Real Simple』誌で紹介されていた別の方法です。

準備するもの

• ホワイトビネガー(白酢)

• 重曹

• レモン汁

洗浄の手順

ヤカンにホワイトビネガー1/4カップ(訳注:アメリカの1カップは250mlなので、約60ml)と水2カップ(約500ml)を入れて、20分間沸々と煮ます。

そのあと冷ましてからよくすすぎます。

ビネガーでミネラルの沈着物がきれいに取れたならここでやめてもいいですし、次のステップで徹底的に洗うこともできます。

• 重曹大さじ2杯、レモン汁大さじ2杯、水をヤカンに入れる。

• 30分間煮出す(ヤカンの中が空にならないように要注意)。

• 冷ましてから、しっかりゆすいで乾かす。

これから水垢が蓄積するのを防ぐには

サビや石灰スケールを防ぐための一番簡単な方法は、使ったあとにヤカンを空にして、翌日まで水が内部に残らないようにすることです

また、ほかの食器類と同様にヤカンも定期的に食器用洗剤で洗うべきです。これで、おいしいお茶を入れる準備ができましたね。


Source: American Home Water and Air 12Real Simple