AirDropは、インターネットに接続していなくてもタップやクリックを数回するだけで、Appleデバイス間で何でも送信できる優れた機能です(1度に10以上のデバイスがポップアップして、どれが友人のものかわからなくなってしまうようなとき以外は)。

写真や動画などのファイルを間違った人に送るようなことにならないよう、異なるAppleデバイスでAirDropの名前を変更する方法を知っていると便利です。

iPhoneでAirDropの名前を変える方法

一緒に撮った写真などを友人と共有するとき、複数のiPhoneから対象のデバイスを見つけやすくするために名前を変更する方法は次のとおりです。

「設定」>「一般」>「バージョン情報」>「名前」に移動します。

Image1
Image: MakeUseOf
Image2
Image: MakeUseOf

次に、デバイスの現在の名前の横にあるXアイコンをタップします。新しいiPhone名を入力して、「完了」をタップします。

Image3

iPadでAirDropの名前を変える方法

iPhoneを使っていない人でもiPadを持っている場合があります。そんなときは、次のようにiPadで名前変更をするとAirDropですぐにわかるようになります。

「設定」>「一般」>「バージョン情報」>「名前」に移動します。現在の名前を削除して、新しい名前をタイプしてから、「完了」を押します。

Image4

MacでAirDropの名前を変える方法

Macでも、次の方法でAirDrop名を変更できます。新しい名前は、別のMacを使っているときでも、iPhoneからMacにファイルをエアドロップするときにも関係なく表示されます。

MacのメニューバーでAppleアイコンをクリックします。

次に、「システム環境設定」>「共有」を選択します。南京錠のアイコンをクリックして、パスワードを入力して変更を承認します。

その後、ウィンドウの上部「コンピュータ名」でMacの名前を好みの名前に変更します。

最後に、南京錠のアイコンをもう1度クリックして、変更を確定します。

Image5

Macの名前を変更するとローカルネットワークアドレスも変更されます。

ですから、そのアドレスを使っているアプリやデバイスがあるならそちらも変更してください。

新しいAirDrop名でデバイスが見つけやすくなる

AirDropは、あるAppleデバイスから別のAppleデバイスにファイルを送るもっとも簡単な方法の1つです。

iPhoneやiPad、Macに固有の名前を付けると、皆にとって写真や文書を送るプロセスがより迅速に安全になります。

Source:makeuseof

Original article: How to Change the AirDrop Name on iPhone, iPad, and Mac by MakeUseOf