ほかのソフトウェアアップデートよりもずっと時間のかかるmacOSアップデート

重要なセキュリティアップデートはデフォルトで自動的にインストールされるので、安定性やバグなど特に問題がないならOSのアップデートはしなくてもいいかなと思ったことがある人、いますよね。

ほとんどの場合はmacOSアップデートによる新機能がなくても支障はないので、アップデートを後回しにしてしまうこともけっこうあるのではないでしょうか。

ですが、実はmacOSアップデートの時間を短縮できる簡単な方法があるんです。それは平凡なボタンの後ろに隠れています。

これを使えばアップデートのダウンロード時間を短縮でき、またインストールも少しだけ速くなります。

macOS アップデートの時短方法

次回macOSをアップデートするとき、Macデスクトップの左上隅にあるAppleロゴをクリックして、「システム環境設定」を選択してください。

次に「ソフトウェア・アップデート」をクリックして、新しいアップデートがあるかどうかを確認します(こちらで、システム環境設定を並べ替えて全オプションを見つけやすくする方法をプロが伝授しています)。

ソフトウェアアップデートがあるときには「アップデートあり」のような情報が表示されて、その後に利用可能なアップデートを示すリストが表示されます。

アップデートのサイズを小さくするために、「ソフトウェア・アップデート」ウィンドウの「詳細情報」ボタンをクリックします。

すると、macOSアップデートに含まれているアイテムの詳細が表示されます。

各アイテムの横にチェックボックスがあるので、すぐにインストールする必要のないアイテムのチェックをはずすことができます。

たとえば、新しいmacOSのアップデートは省略したいけれど、Xcodeコマンドラインツールはアップデートしたいというような場合ですね。

macOSのチェックをはずすと、そのアップデートのためのスペースを確保するためにファイルを削除しなければならないというような状況が避けられます。

このようにしてアイテムを選択したら、「今すぐインストール」をクリックしてアップデート。あとはMacがやってくれます。

ただし、アップデートのチェックをはずすオプションが必ずしもいつもあるとは限らない点は覚えておいてください。

でも、選択できる場合にはアップデートをもっと速く完了することができます。