秋冬になると、ついつい油断して処理を怠ってしまいがちなムダ毛の処理。

「長袖で過ごすから大丈夫でしょ?」と考える方も多いかもしれませんが、薄着の季節に向けて準備するなら、今こそがベストシーズンだと言えるでしょう。毛の生え変わりには周期があるし、肌への負担を考えると、紫外線の少ない時期にお手入れを始めるのがベターです。

夏になってから脱毛サロンへダッシュすれば、すぐにスベスベのお肌が手に入る…とは限りませんからね。

DSC04979-1
Photo: 山科拓郎

そこでぜひチェックしていただきたいのが、自宅でサロンクオリティのケアが可能なセルフ脱毛器「C3GT-HOME。現在、販売価格の60,500円(税込)から半額以下の30,000円(税込)で購入できる、お得なセールを実施しています。

その実力を確かめるべく、名乗りを上げてくれたのが女性編集部員のOさん。デイリーに使える脱毛器をちょうど探していたそうです。

そこで今回は、使用方法をチェックした後にサンプルを持ち帰っていただき、腕の脱毛ケアを2週間試してもらうことにしました。

まずは同梱品などをチェック!

DSC04967
Photo: 山科拓郎

さっそく使い方をご紹介…の前に、まずはセット内容を確認してみましょう。

ダブルファスナーのバッグには、本体/電源コード/フェイス用アタッチメント/ボディ・ビキニ用アタッチメント/専用ゴーグルが入っていました。

DSC04990
Photo: 山科拓郎

ボディ・ビキニ用アタッチメントのアタッチメントは本体上部にセット済み。

フェイス用アタッチメントと使い分けることで、鼻下やあご、おなか、脚、腕ほか、全身のムダ毛ケアが可能になります。

さらに、照射回数は最大で合計50万ショット。専用アプリから確認できる取扱説明書の記載によると、ひとりのお手入れに使用する場合は耐用年数が約5〜10年間とのことなので、長く大切に使えそうですね。

DSC05020
電源コードは本体下部に接続します。
Photo: 山科拓郎

お手入れする部位の毛を剃ってから使用

DSC04937
Photo: 山科拓郎

上に掲載した写真は、試用2週間後と比較するために撮影したものです。ムダ毛処理を行う部位は、事前に除毛しておく必要がありますが、結果がわかりやすいよう、あえてお手入れしない状態を保ってもらいました。

DSC05015
Photo: 山科拓郎

除毛が完了したら、専用サポートアプリから「肌色診断」を利用して、自分に適した照射レベルを判定します。

使い方はとてもかんたんで、顔や腕などお手入れしたい部位を選択した後、明るいところで撮影。肌に近い色を選択すると、推奨照射レベルが表示されます。この日は、診断結果を参考に出力2でトライしてもらうことになりました。

照射レベルを設定

DSC05032
Photo: 山科拓郎

続いて、本体側面にあるスイッチを長押しして電源をオンに。その下にあるスイッチを押すと、照射レベルを変更できます。

レベルの強さは、スクリーンに表示されているアンテナのようなバーの本数で確認可能。さらに、照射可能回数を数字でカウントしてくれるので、買い替えが必要なタイミングが一目瞭然ですね。

専用ゴーグルをかけて、いざ照射!

DSC00016
Photo: 山科拓郎

ここまででほぼ準備完了ですが、照射時は強い光を発するので専用ゴーグルをかけるのをお忘れなく。ゴーグルをかけた状態でも、発射口から照射される光は直接見ないようにしましょう。

DSC00057-1
Photo: 山科拓郎

照射を行うには、本体上部の発光口を肌に押し当てて作動ボタンを押せばOKです。

さて、気になるのは照射時の刺激ですが、Oさんに何度か試してもらったところ、「一瞬だけ熱を感じるけど、特に痛みはなくて安心しました!」とのこと。また、本体が軽く持ちやすい形状なので、取り回しにストレスを感じない点も魅力的だと話していました。

ちなみに、スムーズな照射のコツは、肌に対して垂直に押し当てること。今回は都度ボタンを押す「単発照射」モードを利用してもらいましたが、こちらは指や手の甲などといった狭い範囲のケアに向いていそうな印象を受けました。広範囲をお手入れしたいときは、ボタンを押す必要がない「連続照射」モードを利用すると良さそうでしたよ。

DSC04992
本体背面にはファンが。使用時の音がとても静かだったのも印象的でした。
Photo: 山科拓郎

気になる2週間後の結果は…??

その後、Oさんに「C3GT-HOME」を自宅に持ち帰っていただくことに。1日1回、照射レベル1〜2で2週間、腕のムダ毛ケアを行ってもらいました(※)。

※メーカーに使用方法を確認の上、使用しています。

after
Photo: 編集部員Oさん

もともと毛が薄いため、あまり大きな変化は感じられなかったそうですが「毛が伸びてきたときのチクチク感が減ったかも…」という意見が印象的でした。

さらに、アプリでスムーズに照射レベルを判定できたり、照射時に痛みを感じにくかったりする点は大きなアドバンテージだと実感したそう。効果が見えるまでセルフケアを継続するには、やはり手軽&ストレスを感じずに使えるほうがいいですもんね。

脱毛は一日にしてならず。千里の道も一歩から…ということで、理想の肌を目指して少しずつ効果を実感できれば、自信にもつながりそうですね!


ムダ毛をケアしたいけど、忙しくて脱毛サロンに通えなかったり、ピンポイントでケアしたい箇所があったりする場合にもオススメしたい「C3GT-HOME」。

セール期間中は、販売価格から半額以下の30,000円(税込)でお得にゲットできるチャンスです。セルフ脱毛器に興味はあったけど、お値段が気がかりでなかなか手が出なかったという方、この機会にチェックされてみては?

Photo: 山科拓郎,編集部員Oさん

Source: シースリーオンラインストア