Windowsのみ:たとえば「docという拡張子のファイルをダブルクリックするとWordが起動する」というようなファイルの関連付けや、自動再生の設定、それにファイルの表示アイコンまで簡単に編集できるのが、この『Default Programs Editor』というフリーソフトです。

デフォルトのメディアプレーヤーを変更したいなーなどという時に、スマートなインターフェースをさくさくっと編集できるうえ、ファイルの種類によっては右クリック時のコンテキストメニューの表示内容や、ディスクリプション、ファイルの表示アイコンの編集も可能です。

編集が終わったら、この変更は.regファイルの形式で保存できるので、ほかのパソコンにエクスポートすることができます。

パワフルかつ使いやすいソフトだから、Windowsにそれこそ「デフォルト」で入っていればいいのに、とも思います。

『Default Programs Editor』はWindowsのみ対応のフリーソフト。関心のある方は下記リンクからぜひお試しを。

[Default Programs Editor]

The How-To Geek(原文/訳:吉川晶子)