ギズモード・ジャパンより転載

守秘義務はしっかりと。

気分転換やモチベーションアップのために、カフェやコワーキングスペースで働く人が増えています。一方で、スクリーンに表示される仕事の内容が周りに見えてしまうという弊害もあるみたい。

それを防ぐのに便利なのが、覗き見防止フィルターですよね。今回は、必要に応じて着脱できるマグネット式のアイテムを紹介します。

見られない安心感

フィルター2
Photo:中川真知子

YMYWorldの「マグネット式 覗き見防止フィルター」は、視野角が60°。真後ろからなら見られてしまう可能性もありますが、横や斜め後ろに座った人に覗かれる心配がありません。

画面が見やすく疲れにくい

ブルーライトカットな上に、反射率は5.8%。だから日差しが強いところでも見やすく、目が疲れにくいみたい。

フィルター3
Photo:中川真知子

両面とも使用でき、光沢あり/なしで使い分けられますよ。

フィルター4
Photo:中川真知子

透過率は72%。目視でわかるほど黒っぽいフィルターなのでスクリーンが見えづらくなるかと思いましたが、意外と違和感なく作業ができました。

フィルター5
Photo:中川真知子

マグネット着脱式でお手軽

フィルター6
Photo:中川真知子

覗き見防止フィルターは貼り付けタイプもありますが、一度貼り付けてしまうとスクリーンの色味が変化してしまうので、画像や動画の編集には不向きなんですよね。

その点、YMYWorldの「マグネット式 覗き見防止フィルター」はマグネットで簡単に着脱できて便利です。

フィルター7
Photo:中川真知子

Macbookシリーズだと、ベゼル部分にマグネットが内蔵されているので、そのまま貼り付けることができますよ。

フィルター8
Photo:中川真知子

ただし、Macbookシリーズだと、フィルターをつけたまま画面を閉じることができません。そこで筆者は、リヒトラブの「スタンドホルダー」に入れて、資料や試写会チケットと一緒に持ち歩いています。

YMYWorldの「マグネット式 覗き見防止フィルター」はMacbookだけでなく、iPadシリーズ対応の製品も販売されています。ご注文の際は、サイズと年式の確認をお忘れなく!

Photo: 中川真知子

Source: Amazon.co.jp