ギズモード・ジャパンより転載

ネットでの買い物は便利ですが、段ボールの処理が面倒では?

また、引越しシーズンなので、梱包したり、学年が変わることで古い教科書を片付けたりと、何かと“まとめる”作業が発生していないでしょうか。

紐やガムテープを使うのは苦手という人も、きっといるはず。

そこで、オススメしたいのが山善の「くるット セット(本体1個+交換用ラップ3個) HW-150/HWR-150」です。

フィルムを巻き付けてまとめる

Photo: 中川真知子
Photo: 中川真知子

くるット セット(本体1個+交換用ラップ3個) HW-150/HWR-150」は、ハンディラップに交換用ラップ3個が付属したセット商品です。

段ボールや雑誌、新聞などをまとめるのに使います。

段ボールは大きさがまちまちなのでまとめるのが大変…。ですが、「くるット セット(本体1個+交換用ラップ3個) HW-150/HWR-150」のラップなら、フィルム同士がくっついてくれるので紐を結ぶ作業から解放されます。

個人売買の包装にも

Photo: 中川真知子
Photo: 中川真知子

昨今は、メルカリなどを利用した個人売買も増えていますよね。商品を緩衝材で守り、その上から「くるット セット(本体1個+交換用ラップ3個) HW-150/HWR-150」でしっかりと包むといった使い方もできるでしょう。

Photo: 中川真知子
Photo: 中川真知子

はさみを使わずとも切れるので、大切なアイテムを間違って傷つけてしまうリスクを減らせそう

Photo: 中川真知子
Photo: 中川真知子

アイテムを受け取った方も、梱包を開くのが楽だと思いますよ。

引越し準備に

Photo: 中川真知子
Photo: 中川真知子

引越しの際に、本や書類をまとめることがありますよね。そんなとき、段ボールにポンポン入れてしまうと重くて持ち上がらなくなることはありませんか。

くるット セット(本体1個+交換用ラップ3個) HW-150/HWR-150」なら、自分が持てる分量だけの紙類をまとめられますし、フィルムは透明なので、表紙を隠してしまわずジャンル分けもしやすいでしょう。筆者は子どもの家庭学習のテキストを学年ごとにまとめていますよ。

Photo: 中川真知子
Photo: 中川真知子

本体のサイズは25.8×7cm。しっかり握って作業できる大きさなので、長時間使用にも向いているのでは。ラップ1組は、幅10×長さ1500cm。交換用ラップが3本も付いてくるので、余裕を持って使えそうです。

Photo: 中川真知子
Photo: 中川真知子

ちなみに、筆者は安価で柄の部分が回転しないものも使ったことがあります。だからわかるのですが、回転するとしないとでは使い勝手が段違いです。本当にストレスフリーですよ。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Photo: 中川真知子

Source: Amazon.co.jp