外出自粛期間が続いている毎日、家にいると自炊する機会が増えますよね。

何度もご飯を炊くのが面倒なので、一度にたくさん炊くという方も多いのではないでしょうか。レンチンすれば、好きなときに食べられますしね。

でも、困るのが保存するときに冷蔵庫の中でけっこう場所をとること。

そこでオススメなのが、下村企販の「冷凍パック」です。

ご飯を保存するのに最適な容器6個セット

「冷凍パック」は、長さ144mm×横幅94mm×高さ40mmで、容量200mlのタッパー。一膳ぶんのご飯を入れるのにピッタリなんです。

6個セットになっていて、炊きたてのご飯を熱々のまま小分けにして、冷凍しておけます。

食べたいときは、フタをしたまま電子レンジでチンできます。ホカホカご飯をすぐに食べられますよ。

小腹が空いたときだけでなく、炊飯器のタイマーを入れ忘れた……というときのセーフティーネットにもなりますね。

積み重ねてスッキリ収納

平たくて薄型の形状なので、重ねてスッキリ収まり、冷蔵庫の中で余分なスペースをとりません。

また、見た目にも整然として冷蔵庫を開けたときにキレイですよね。

ご飯だけでなく、料理の作り置きを保存するのにも重宝しそう。

使い分けできる凹凸形状のフタが便利

しかも、「冷凍パック」のケースやフタは、凹凸形状になっていて、ご飯がくっつきにくいのだとか。

さらに、フタは表裏両面が使用できるそう。ご飯を入れるときは凹面を表、おかずを入れるときは凸面を表、のように使いたい面を選べるのも使い勝手が良いですね。

それに、1パックがキリの良い200mlというのもポイントです。ご飯の冷凍保存って、残った分量がどれぐらいなのかイマイチ分かりにくいけれど、これなら見た目でパッと把握しやすくなります。

家にいると運動不足で体型も気になりがちですが、カロリー管理にも役立ってくれるかもしれませんね。

なお、以下の表示価格は執筆現在のものです。変更の可能性がありますので、販売ページをご確認ください。

Image: Amazon.co.jp

Source: Amazon.co.jp